2008年05月28日

「鉄腕アトム ソング・コレクション」

鉄腕アトム.jpg本日は、ちょっと変化球で。
「鉄腕アトム」の主題歌、挿入歌をまとめたソング・コレクション。
昭和30年代の初アニメ化の曲はもちろん、80年のアニメ化の主題歌、それからアニメ化以前の実写版のテーマ曲01「鉄腕アトムの歌」まで入っている豪華(?)版。
2003年4月7日がアトムの誕生日だったらしく、それを記念してリリースされたアルバムの一つ。

今回注目したいのは、80年にアニメ化された時の曲。
その時の主題歌の12「鉄腕アトム」(18のANKHバージョンも同じアレンジ)は、当時の流行りもあってか、16ビートがベースになっているフュージョンのテイストが随所に盛り込まれたアレンジ。
シンンセソロ、ギターソロの部分などはフュージョンとしか言いようの無い演奏で驚く。
かと言って奇をてらったフュージョン風というワケではなく、子供にもウケるように、オーソドックスにメロディーを聴かせる部分はきちんと残しながら、ファンキーなリズム隊がさりげなくからむような演奏。

この80年アトムの歌は、なかなかイイ感じで、自分が特に好きなのは、当時アニメのエンディングとしても使用されていた13「未来に向かって」。
こちらも16ビートが主体となったポップナンバーで、歌詞は子供向けだなぁと言う感じだけれど、爽やかなメロディーの脇でファンキーなベースラインがうねっていたりして、なかなか聞き所満載の曲。

その13「未来に向かって」や18「鉄腕アトム」を担当したのが、ANKH(アンク)という当時ジャニーズ事務所に所属していたバンド。
このANKHには、後に野村義男とザ・グッバイを結成する曾我泰久(G)が居たり、スクウェアに加入する長谷部徹(Dr)、セッションベーシストとして活動する松原秀樹(B)らが在籍していた。
ジャニーズのバンドとは言え、メンバーのその後の活動を見てみると、なかなか本格的なバンドを目指していたのだろうなぁ、というのもわかる。

と言う事で、主題歌やその他挿入歌のバックもANKHが担当したものだとばかり思っていたが、ここでのバッキングは、カシオペアの野呂一生や向谷実が演奏を担当したとのウワサもある。
三枝成彰が手がけたサウンドトラックも、演奏はカシオペアの面々にゆだねられたらしいのだが、自分の手元にサントラが無いため、確認する事が出来ないのが残念。

中古で見つけた時、ANKHの曲を目当てに買ってみたのだが、その期待に違わず、ANKHの曲はどれも良かった。
ANKHは、当時1枚だけアルバムをリリースしたらしいのだが、そのアルバムがなんかの間違いで(?)リイシューされたりしないかなぁ……。


【収録曲】
01. 鉄腕アトムの歌
02. 鉄腕アトム
03. 鉄腕アトム
04. 鉄腕アトム
05. ウランちゃんとお茶の水博士
06. 鉄腕アトムのワルツ
07. ロボット・マーチ
08. 鉄腕アトムのマーチ
09. ロボット学校の歌
10. 鉄腕アトム
11. 地球防衛隊のマーチ
12. 鉄腕アトム(アトムズ)
13. 未来に向かって~ニュー鉄腕アトム~(ANKH)
14. ウランのテーマ(ウランズ)
15. 僕らは愛のメッセンジャー(ANKH)
16. 翼あるものたち(ANKH)
17. 裏返しの友情(アトラス寺西)
18. 鉄腕アトム(ANKH)


♪アンク「未来に向かって」

posted by あれ at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | サウンドトラック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。