2007年06月05日

吉田美奈子「FLAPPER」

吉田美奈子「FLAPPER」この所、何となく吉田美奈子ばかり聴いている。
ちょっと前までは、アルファ時代のファンク路線が好きだったが、久しぶりに「FLAPPER」を聞き直してみたら、こんなにも良いアルバムだったのかと、評価を改めた次第。
そんなワケで、今回は吉田美奈子が76年に発表した「FLAPPER」を取り上げてみる。

このアルバムは、なんと言っても参加しているミュージシャンが豪華。
細野晴臣(B)、鈴木茂(G)、林立夫(Dr)、松任谷正隆(Key)と言ったティンパン勢をはじめ、佐藤博(Key)、矢野誠(Key)、矢野顕子(key)、浜口茂外也(Per)、山下達郎(cho)、大貫妙子(cho)らのティンパン周辺のミュージシャン、そして村上秀一(Dr)、高水健司(B)、松木恒秀(G)といった腕利きのスタジオミュージシャンたちも参加している。
そう言ったミュージシャンだけでなく、作曲家陣もバラエティに富んでいて、吉田美奈子のオリジナル曲のほか、山下達郎2曲、細野晴臣1曲、大瀧詠一1曲、矢野顕子1曲、佐藤博2曲と言った具合。

アルバムのオープニングを飾る01「愛は彼方」。
吉田美奈子のソウルフルなボーカルが印象に残る1曲で、バッキングの中心はティンパンアレーの面々。
AOR風な側面、ソウル風な側面、ポップス的な側面、ファンク的な側面が一つの世界観の中に凝縮されているような(?)曲で、このアルバムのオープニングを飾るのにふさわしいナンバーと言えるかも。
とにかくカッコイイとしか言いようがない。

矢野顕子が作曲した02「かたおもい」は、いかにも矢野顕子らしいメロディーラインを持った曲。
細野&林のティンパン・リズム隊が、その独特な世界を更に深いものにしている。

佐藤博の作曲による03「朝は君に」は、このアルバムの中では一番AOR風な音作り(当時AORと言う表現があったか知らないが…)。
メロディーはもちろんのこと、佐藤博のエレピのフレーズや松木恒秀のギターのカッティングが、AOR的なメロウな世界観を作り上げている1曲。
自分はこのアルバムの中で一番好きな曲かもしれない。

04「ケッペキにいさん」は、その後のファンク路線を感じさせる1曲。
ドラム&ベースだけでなく、ピアノとクラビネットまでもリズム楽器と化しているような雰囲気。
改めて聴いてみると、このリズムはもの凄いな。

細野晴臣作曲の05「ラムはお好き?」は、初期のユーミンにも通じる、セカンドライン的なサウンド作り。
バッキングはもちろんティンパンアレー勢で、少々ユーモラスな雰囲気も、ティンパンならではと言えるかもしれない。

日本語曲で最もカバー曲が多いとも言われる06「夢で逢えたら」。
元々大瀧詠一がアン・ルイス用に書いた曲だったのがボツになり、吉田美奈子に流用したと言う、曰く付きの曲。
アレンジの多羅尾伴内は、言うまでもなく大瀧本人。
(様々なカバーに関しては、夢で逢えたら Perfect Collectionと言う詳しく解説したページがありますので、そちらを参照して下さい)

07「チョッカイ」は、久しぶりに聴いて驚いた1曲。
かなりスライ&ザ・ファミリーストーンしているのが無茶苦茶カッコイイ。
後のニューヨーク的なファンクではなく、もっと泥臭い感じのファンク。
高水健司のブイブイとうなるベースと、重たいリズムを叩くポンタのドラムがたまらない。

08「忘れかけていた季節へ」は、吉田美奈子自身が弾くピアノに、ストリングスが重なっていくバラード曲。
このアルバムの中では、デビューアルバムの「扉の冬」の路線に一番近いのは、この曲かな。

作者である山下達郎自身も後にセルフカバーする09「LAST STEP」。
ティンパン勢がバックに参加していることもあってか、少々セカンドライン寄りのアレンジ。
この曲も05「ラムはお好き?」のように初期のユーミンっぽい雰囲気も感じる。

アルバムのラストを締めくくるのは、名バラード10「永遠に」。
この曲も作者である山下達郎自身がセルフカバーしている。

色んな要素が混在していて、アルバムとして聴くと少々散漫な気はするけれども、一つ一つの曲はそれぞれに魅力的。
ネット上の評判を見てみても、「ティンパンアレーが参加したポップアルバム」的評価と、「ジャパニーズ・ファンクの源流」的評価と二通りあるようだが、そう言う二つの路線が一つのアルバムにまとめられている点が、このアルバムの個性的な部分であるようにも思う。


【収録曲】
01. 愛は彼方
02. かたおもい
03. 朝は君に
04. ケッペキにいさん
05. ラムはお好き?
06. 夢で逢えたら
07. チョッカイ
08. 忘れかけてた季節へ
09. LAST STEP
10. 永遠に
posted by あれ at 01:32| Comment(6) | TrackBack(2) | ジャパニーズポップ 70's | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月13日

小坂忠「モーニング」

小坂忠「モーニング」小坂忠と言うと「ほうろう」という名盤ばかりが語られる傾向が強いけれども、それ以外にもなかなか良いアルバムを残している。
77年に発表した、「モーニング」と言うアルバムも、そういう1枚。

この「モーニング」は、小坂のペンによる曲は2曲で、坂本九のカバーの他、細野晴臣、佐藤博、吉川忠英、南佳孝と言ったティンパンアレーファミリーの面々が曲を提供している。
参加ミュージシャンも、細野晴臣(B)、鈴木茂(G)、林立夫(Dr)を始めとして、佐藤博(Key)、駒沢裕城(Pedal Steel)、田中章弘(B)、坂本龍一(Key)、ブレッド&バター(Cho)など豪華な面々がバックを支える。

このアルバムで個人的に一番気に入っているナンバーは、佐藤博の作・編曲による03「フライングソーサー」。
マイケル・フランクスやケニー・ランキンといったミュージシャンに通じるようなメロウな曲で、ティンパン勢の安定したバッキングに、佐藤奈々子と岩沢幸矢&二弓のコーラスが彩りを添えている。
個人的な印象では、こういうメロウな曲でこそ、小坂忠のシンガーの魅力が存分に発揮されるのかな、と思っている。
自分が「ほうろう」よりも「気まぐれ天使」を聞く機会が多いのは、そういう想いの現れなのかもしれない。

メロウな曲と言う点で言えば、「早起きの青い街」も見逃せない。
南佳孝のペンによる1曲で、いかにも南佳孝というようなメロディーラインと、4リズムを中心にしたシンプルなバッキングが、小坂のボーカルとメロディーの良さを浮き立たせている。
タイムファイブによるコーラスも、メロウな雰囲気を作るのに一役買っている1曲。

01「ボンボヤージ波止場」は、「ほうろう」に収録されたのセルフリメイク。
ビブラフォンをフィーチャーするなどして、オリジナルよりモダンな雰囲気に変貌している。
02「港に架かる橋」は、当時の細野晴臣のトロピカル路線の影響を受けたようなレゲエのリズムのポップナンバー。雰囲気的には久保田麻琴と夕焼け楽団に近い感じ。
鈴木茂のスライドギターが、バッキングを渋く彩る。
細野作曲の04「アイスクリームショップガール」は、リラックスした雰囲気のポップナンバー。
05「朝は好きかい」は、曲は小坂自身で、編曲が細野晴臣。
楽曲はポップな仕上がりにも関わらず、どことなくヒネたリズムを持ち込んでいる当たりが、いかにも当時の細野晴臣というような雰囲気を感じる。
吉川忠英作曲の07「シルクランデブー」は、ウクレレやマンドリンなどがフィーチャーされた1曲。
小坂のボーカルも、まるでハワイアンでも歌っているかのような唄い方で、なかなか面白い。
08「フォーカスラブ」は、キャッチーなメロディーが魅力的なナンバー。
「ポップス」と言う事を考えると、このアルバムで一番のナンバーではないかな?
09「一人じゃないよ」は、小坂自身の多重コーラスによるアカペラナンバー。
コーラスとハンドクラップだけというシンプルなバッキングから、その後はゴスペルに活動の場を移す萌芽を感じるのは自分だけではあるまい。
10「上を向いて歩こう」は、言わずと知れた坂本九の代表作。
編曲が細野晴臣ということで、少しトロピカル路線の混じったアレンジではあるけれども、小坂忠と言うシンガーの声に、非常にマッチしたメロディーラインにハッとする。

この頃の小坂忠は、個人事務所の設立とともにホームスタジオを作り、この「モーニング」というアルバムも、そのホームスタジオでレコーディングされた、ということ。
アルバム全体に流れるアットホームな雰囲気は、そういったレコーディングの空気が、そのまま作品に反映されたものと考えるのも自然かもしれない。

そして小坂忠は、この作品を発表した後、ゴスペルシンガーとして活動の場を移し、ポップフィールドでの活動は2001年の「People」を待つ事になる。
そう考えると、ある意味で「モーニング」と言う作品は、ポップシンガーとしての小坂忠の総決算と言うアルバムだったのかもしれない。


【収録曲】
01. ボンボヤージ波止場
02. 港に架かる橋
03. フライングソーサー
04. アイスクリームショップガール
05. 朝は好きかい
06. 早起きの青い街
07. シルクランデブー
08. フォーカスラブ
09. 一人じゃないよ
10. 上を向いて歩こう
posted by あれ at 23:35| Comment(2) | TrackBack(0) | ジャパニーズポップ 70's | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月05日

前田憲男とティンパンアレー「Soul Samba : Holiday in Brazil」

前田憲男とティンパンアレー先日8月2日は、「イパネマの娘」の誕生日だったらしいです。
リオデジャネイロで開催されたショーで、初めて「イパネマの娘」が人前で演奏されたのが1962年8月2日だったことから、そう言われるようになったとか。

そんなこともあり、その「イパネマの娘」のカバーが収録されている、前田憲男とティンパンアレーのコラボレート・アルバム「Soul Samba : Holiday in Brazil」をご紹介。
77年の発表で、当時のクロスオーバーブームの空気を伝えてくれる1枚。

全体のアレンジは前田憲男(Key)が担当し、ティンパンアレーからは、細野晴臣(B)、鈴木茂(G)、林立夫(Dr)の3人、そして浜口茂外也(Per)、ペッカー(Per)が参加。
キーボードは前田憲男の担当ということで、松任谷正隆や佐藤博など、ティンパンファミリーのキーボード奏者は参加していない。
ブラジル音楽のインストカバーと言うことで、ともすればイージーリスニングになりかねない所を、前田憲男のアレンジと、腕達者なティンパンの面々のバックによって、限りなくフュージョンな世界に仕上げている所が好感触。

ルイス・ボンファの01「Manha de Carnaval」(黒いオルフェ)は、元曲の悲しげな雰囲気を一蹴して、黒っぽいノリのフュージョンに。
普通にボサノヴァを期待していると、このオープニングから打ち砕かれますね。
バート・バカラックの02「The Look Of Love」は、デオダードのような雰囲気。
A.C.ジョビンの代表作03「Wave」、落ち着いた雰囲気の原曲を軽めのフュージョン風にカバー。自分は、このアルバムの中では一番好きなトラックかも。
同じくA.C.ジョビンの04「Desafinado」は、少々レイドバックした雰囲気に。
ジョルジ・ベンの05「Constant Rain」(原題:Chove, Chuva)は、途中で入る口笛がイカしてる。
またもA.C.ジョビンの06「One Note Samba」、前田憲男が、エレピソロとオルガンソロとで、一人バトルを繰り広げているのがカッコイイ!
マルコス・ヴァーリの07「Summer Samba」は、一番ラテンのテイストが強いかな?
ちょっと上げ気味のテンポが、なかなかカッコイイ。
A.C.ジョビンの、と言うよりボサノヴァの代表曲08「The Girl From Ipanema」。
ホーンセクションを用いているものの、意外とオーソドックスな仕上がり。
09「Reza (laia ladia)」は、アドリブ炸裂しまくりの6分半、と言う感じの曲。
一応、エドゥ・ロボのオリジナルにあったリフは残ってはいるものの、前田憲男と鈴木茂のソロが交互に交わり合うような構成。この辺りにも、フュージョンのテイスト満載、って所か。

このアルバム、ティンパン勢のバッキングもさることながら、エレピ、シンセ、オルガンを巧みに使い分ける前田憲男のアレンジのセンスに尽きる。
そんな点からか、ティンパンのファンには、あまり評判のよろしくない1枚のようだけれど、心地良いフュージョンアルバムではあります。

それにしても、初めて聞いた頃は、ティンパンアレーが、こういうモロにフュージョンなアルバムを残していたことに驚きだったな。


【収録曲】

01. Manha de carnaval(黒いオルフェ)
02. Look of love
03. Wave
04. Desafinado
05. Constant rain
06. One note samba
07. Summer samba
08. Girl from Ipanema(イパネマの娘)
09. Reza(laia ladida)(祈り)
posted by あれ at 23:55| Comment(2) | TrackBack(0) | ジャパニーズポップ 70's | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月02日

西城秀樹「ファーストフライト」

西城秀樹「ファーストフライト」.jpg西城秀樹が79年に発表したアルバム「ファーストフライト」。

なんだか、スゴイジャケットではあるけれど、このアルバムで注目すべきはバックのメンバー。
ボーカルの西城秀樹以外のパーソネルを見ると、芳野藤丸(G)、大谷和夫(Key & Arrangement)、長岡道夫(B)、山木秀夫(Dr)、中島御(Per)と言った布陣。
気づく人は気づくだろうが、これはケーシー・ランキン抜きのSHOGUN。
当時の西城秀樹は、藤丸バンドがライヴのバックもやっていたらしく、その延長線での起用となったようだ。

そして、曲のクレジットを見ると、西城秀樹6曲、芳野藤丸5曲と言う割合で、全ての曲のアレンジは大谷和夫が担当。
意外とソングライターとしての西城秀樹もイイ感じ。

アルバムは、メロウなフィーリング溢れる01「Sweet Half Moon」で幕を開ける。
ウェストコースト風の爽やかなサウンドが心地いい。

続く02「その愛は」は、一転してファンキーなナンバー。
大野雄二のユー&エクスプロージョンバンドでも活躍する、長岡道夫のファンキーなベースラインが16ビートにのって疾走する。
そんなせいもあってか、どことなく大野雄二のナンバーを彷彿とさせるアレンジ。
そして、この曲のホーンセクションは、スペクトラムのホーン隊だということだが、そんな事も考えると、この曲のファンキーさもうなづける。
自分的には、このアルバムでのベストトラック。

03「おぼえているかい」は、ラテンのリズムを取り入れたメロウな雰囲気の曲。
04「ドライ・マティーニ」は、ウェストコースト風の爽やかなナンバー。
05「Je T'aime」はバラード曲。後にワム!の「Careless Whisper」をカバーする秀樹だけれど、その片鱗は既にこの頃から……。
06「Love Is Beautiful」は、芳野藤丸のギターカッティングが心地良いメロウ・グルーヴ。この曲が一番シティポップと呼ぶにふさわしい出来の曲かな。
07「海辺のまぼろし」は、ファンキーな曲。チョッパーベースが、意外とイイ味を醸し出す。
08「愛のバラード」は、まさにタイトル通りのバラード曲。秀樹、熱唱。
09「東京スカイ・ラウンジ」は、ラテンっぽい要素を絡めたファンキーなナンバー。
10「バリエーション」は、ちょっとルーズなノリのファンキーな1曲。
ファンキーなSHOGUNという雰囲気がする曲で、これも長岡道夫の弾くベースがカッコイイ。
11「If You Love Me」は、イントロは壮大なバラード風だけれど、それが終るとファンキーでポップな曲が展開される曲。
爽やかなメロディーに、どことなくファンキーなリズム隊が、なかなかカッコイイ。
何気に、スペクトラム・ホーンズが活躍の1曲。

ケーシー・ランキン抜きのSHOGUNとは書いたものの、やはりそのボーカル・スタイルの違いからか、SHOGUNの方がクールな響きがするかな。
でも、秀樹のボーカルであっても、ファンキーだったり、メロウだったり、そのサウンドには聞き所はたくさんあるように思う。

「歌謡曲」と言うフィルターを外すと、色々見えてくることが多い、と言う好例かもしれない1枚。


【収録曲】
01. Sweet Half Moon
02. その愛は
03. おぼえているかい
04. ドライ・マティーニ
05. Je T'aime
06. Love Is Beautiful
07. 海辺のまぼろし
08. 愛のバラード
09. 東京スカイ・ラウンジ
10. バリエーション
11. If You Love Me
posted by あれ at 00:54| Comment(2) | TrackBack(0) | ジャパニーズポップ 70's | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月17日

タケカワユキヒデ「走り去るロマン」

タケカワユキヒデ「走り去るロマン」後にゴダイゴのボーカルとして活動するタケカワユキヒデが、ゴダイゴ活動以前の75年にリリースしたソロアルバム「走り去るロマン」。
ミッキー吉野のプロデューサー的戦略で「アジア」のイメージをチラつかせていたゴダイゴとは違い、ウェストコーストへの憧れを素直に音に託したと言えそうなアルバム。
全曲、英詞で唄われていることからも、そういった憧憬というのは、感じ取れるかな。
ちなみに、全ての曲がタケカワによる作詞作曲。

オープニングの01「Truly Me」から、ウェストコーストな雰囲気全開。
ブラスとストリングスをフィーチャーしながら、岡沢章の流れるようなベースラインに乗せて、タケカワの書くポップなメロディーがオープニングにふさわしい。
タイトル曲である04「Passing Picture」も、01「Truly Me」に通じる西海岸風のポップソング。
疾走感溢れるメロディーは、ドライブでもしながら聞きたい気分。
この曲の2曲には、深町純(Key)と村上"ポンタ"秀一(Dr)が参加。

02「Now And Forever」は、アコースティックギターとハープシコードをアンサンブルの中心にした、フォークロック調のナンバー。
タケカワ自身による多重コーラスが、ママス&パパスやCS&Nなどのイメージと被る。

そして、タケカワと言うとビートルズ・フリークとしても有名だが、07「Tow People Together」は、そんなタケカワの一面が出た曲。
ポール・マッカートニー的なメロディーラインに、ブラスセクションの導入が、ソフトロックな雰囲気を作っていて、個人的には好きなタイプの曲。
ちなみに、ベースには後藤次利が参加。後にファンキーなベースを弾く印象は無いけれど、手堅くタケカワをサポートしている。

12「Pretty White Bird」は、フェンダーローズをバックに唄われるメロウな1曲。
優しげに唄うタケカワのボーカルが魅力的で、AORとしても十分聞ける。
この曲は、ジャパニーズAORが好きな人も、スンナリ受け入れられるような気がする。
この曲のアレンジ&キーボードは、後にゴダイゴの盟友となるミッキー吉野。

「シティポップ」として語るには、ちょっとウェストコースト寄りのサウンドではあるけれど、よく出来たポップアルバムである事に違いは無い。
何と言っても、メロディーメーカーとしてのタケカワユキヒデの才能が、端的に現れた1枚と言えるんじゃないかな。
ちょっとジャケは野暮ったいけど(何度か差し替えられて、これは3パターン目だと言う)、音の方はなかなか良く出来た爽やかなポップソングばかりなので、気に入る人も多いように思う。


【収録曲】
01. Truly Me 〜ぼくのドリーム
02. Now And Forever 〜いつもふたり
03. Night Time 〜夜の都会
04. Passing Picture 〜走り去るロマン
05. Lucky Joe 〜ラッキー・ジョー
06. Water She Wore 〜雨に踊る少女
07. Two People Together 〜二人の童話
08. Hazy Nun 〜雨の尼僧
09. Fragments 〜君のひとこと
10. Happiness 〜ぼくらの幸せ
11. I Can Be In Love 〜スポット・ライト
12. Pretty White Bird 〜白い小鳥
posted by あれ at 01:33| Comment(0) | TrackBack(1) | ジャパニーズポップ 70's | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。