2006年11月04日

飯島真理「Miss Lemon」

飯島真理「Miss Lemon」87年リリースの飯島真理6枚目のアルバム「Miss Lemon」。
「ポップなアルバムって、こういうアルバムのことを言うんだろうな」というのが、このアルバムを初めて聞いた時の正直な印象。
セルフプロデュースだった前作「Coquettish Blue」を経て、活動の拠点をL.A.に移した1作目。
アレンジャーとしてジェームス・スチューダーを迎えた1作目でもあります。

改めて聞き直してみて思ったが、このアルバムは、オープニングのポップナンバー3連発が本当に素晴らしい。
01「ガラスのダーリン」は、L.A.でのレコーディングの雰囲気をそのままに、ウェストコーストなサウンド作りのポップナンバー。
02「鏡よ、鏡!」は、モータウンビートを取り入れたナンバー。
シュープリームスの「恋はあせらず」ビートって、不思議と駄曲が少ないように思うのだけれど、この曲もその例にもれず極上のポップサウンドを聞かせてくれる。
03「9月の雨の匂い」は、シンセ・ベースの音色を上手く活かしたダンサブルでポップなナンバー。
このアルバムの中では、個人的に一番好きな曲で、単純に聞いていて気持ちいい。

最初の3曲が思いっきりポップな展開をすれば、続く3曲はAOR風。
04「ミッドナイト・コール」は、エレピをバッキングの中心にした落ち着いた雰囲気のナンバー。
ギターにデヴィッド・T・ウォーカーが参加しているのも、一つの聞き所かも。
05「冷たい雨」は、TOTOあたりにも通じるかな?と言う雰囲気の曲。
06「プラットホーム」は、スラップベースを取り入れたAOR風の曲で、曲中のサックスはケニーGっぽく感じなくもない。このAOR風の3曲の中では、一番好きかな。

07「気まぐれウィークデイズ」は、明るく元気なポップナンバー。
アレンジは、ジェームス・スチューダーだが、清水信之あたりが得意としてそうなポップな雰囲気。
08「パリからのエアメール」は、飯島真理自らの弾くピアノとストリングスをバックにした静かな曲。
ギターに、デヴィッド・T・ウォーカーとクレジットされてるが、この曲ギター入ってる?
09「ロンリーガール」は、マイナー調のアップテンポなナンバー。個人的にはイマイチな印象。
10「I LOVE YOU」は、英詞で唄われる1曲で、ピアノをバッキングにしたしっとりした曲。
アルバムのエンディングを飾るのにふさわしい曲と言えるかも。

全曲のアレンジを手がけているジェームス・スチューダーの色が出たアルバムといえるのかもしれないが、飯島真理の書くメロディーとの相性は抜群だったといえるのかもしれない。
初期の坂本龍一や吉田美奈子がプロデュースを手がけた作品も好きだけれど、個人的によく聞くのはジェームス・スチューダーと組んでた時期のアルバム。
やっぱり、この頃の飯島真理は、公私ともに充実していた時期だったんだろうなぁ、と改めて実感。


【収録曲】
01. ガラスのダーリン
02. 鏡よ、鏡!(I wanna marry you)
03. 9月の雨の匂い
04. ミッドナイト・コール
05. 冷たい雨
06. プラットホーム
07. 気まぐれウィークデイズ
08. パリからのエアメール
09. ロンリー・ガール
10. I LOVE YOU
posted by あれ at 03:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャパニーズポップ 80's | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月16日

ラッツ&スター「SOUL VACATION」

ラッツ&スター「SOUL VACATION」シャネルズからラッツ&スターに改名してからの1作目、1983年発表の「SOUL VACATION」(通算7作目)。
プロデュースは、アマチュア時代から、彼らに対して密かに目をかけていたと言う、大瀧詠一。
そしてジャケットは、言うまでもなくアンディ・ウォーホルの作。個人的には、なかなか好きなジャケであります。

ラッツ&スターらしいソウルフルでポップな曲に溢れたアルバムだけれども、自分的なベストトラックは、08「真夜中のダイアモンド」。
この曲は、井上大輔の作・編曲で、夏の夕暮れに似合いそうな雰囲気のメロウチューン。
彼らの代表作「ランナウェイ」も井上大輔の曲であるように、井上とラッツの相性は、かなり良いのかもしれない。
ナイアガラ・サウンドを意識してなのかどうかは分からないけれど、深めのエコーが涼しげで哀愁のあるメロディーにマッチしている。
そして、鈴木雅之のボーカルは、この手の曲だと映えるのを改めて実感。

大瀧詠一が提供したのは、先行シングルとなった07「Tシャツに口紅」と06「星空のサーカス」の2曲。作詞はどちらも松本隆。
07「Tシャツに口紅」は、「A LONG VACATION」的な落ち着きのあるリゾートサウンドな仕上がり。
井上鑑によるアレンジが、「ロンバケ」風のメロディーを更にもり立てる。
06「星空のサーカス」は、軽やかなポップソング。
ボーカルのアレンジが、いかにも大瀧詠一が好みそうな感じで、所々「ロンバケ」風のメロディーが顔を出す。
アレンジが黒人コーラスグループを意識した雰囲気になっているので、曲としては「ロンバケ」風ではないけれども。

オープニングの01「We are RATS & SATR」は、オーヴァーチュア的な小品。
アカペラの作品で、ドゥーワップグループとしてのラッツを堪能できる。
02「楽しき街角」は、ポップなメロディーに、軽やかなコーラス、明るいアレンジが聞いていて楽しい。
ブルース・ブラザーズのテーマを思い起こさずにいられないイントロは、村松邦男によるアレンジ。
03「今夜はフィジカル」は、井上大輔の作・編曲で、メロディーラインは、ラッツ&スターのヒット曲「め組の人」に通じる雰囲気を感じる。
ちなみに「め組の人」も井上大輔の作曲。
04「裏切りの都会」は、マイナーメロディのロック調の曲。
いかにも80年代中盤的なサウンドで、アレンジは村松邦男。
05「One Dream Night」のメインボーカルは、田代マサシ。
ちょっとボーカルが弱い気はするけれども、AOR風の曲としては、なかなか良いのでは。
09「女って…」は、サム&デイヴやモータウンの諸作品などのソウルミュージックからの影響を強く感じる曲。
10「月にはせる想い (Warping the Moon)」は、チョッパーベースを多用したファンク・ナンバー。だけれども、パンチは少し弱いかも。
11「MISS YOU」は、三連系のソウル・バラード。
こういう曲での鈴木雅之のボーカルは、やっぱり魅力的。
そして、桑野のトランペットソロも、哀愁が溢れていて、なかなか泣ける。

鈴木雅之のソロも、それはそれで好きではあるのだけれど、やっぱり男性コーラスを活かした曲の多いラッツ&スター(シャネルズ)の方が、個人的には好み。
マーチンのソロではあまり聞かれない、明るくて楽しげな雰囲気の曲や、60'sのソウル直系の曲があったりして、楽しめる曲が多いからかな。


【収録曲】
01. We are RATS&STAR
02. 楽しき街角
03. 今夜はフィジカル
04. 裏切りの都会
05. One Dream Night
06. 星空のサーカス
07. Tシャツに口紅
08. 真夜中のダイヤモンド
09. 女って…
10. 月にはせる想い (Warping the Moon)
11. Miss You
posted by あれ at 01:17| Comment(4) | TrackBack(0) | ジャパニーズポップ 80's | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月07日

BOX「BOX POPS」

BOX「BOX POPS」.jpg今日の昼過ぎ、NHK-BSで放送されていたビートルズ来日40周年記念番組の再放送を見た。
途中、アマチュアバンドの紹介は中だるみだったけれど、それ以外は、まぁそこそこ面白い番組ではあったかな?

そんな番組を見ながら、フト思い出したのは、ボックスの1stアルバム「BOX POPS」。
ボックスは、松尾清憲、杉真理と言う二人のポップ職人を中心に、田上正和、小室和之の二人を加えて結成されたグループ。
この「BOX POPS」というアルバムは、ビートルマニアの松尾&杉が中心となっているだけあって、これでもか!というくらいにビートルズへのオマージュが詰め込まれた1枚。

そして、松尾&杉と言う日本を代表するポップメイカーの共演だけあって、竹内まりや、鈴木慶一、KAN、財津和夫、伊藤銀次、白井良明らがゲストで参加している。

アルバムのオープニングを飾る01「Temptation Girl」は、「Drive My Car」のようなR&Bに影響を受けたビートルナンバーを下敷きにしたような曲。
「Drive My Car」風ではありながら、決して引用だけに終らず、ボックスのポップスとして表現している点が、非常に好感が持てる。
このアルバムの中で、自分が一番好きなのは、この曲。
02「魅惑の君」は、オードリー・ヘップバーンへのオマージュ捧げた1曲。
間奏の部分では、オードリーの吹き替えを担当した池田昌子さんに、オードリーを夢見るOLのセリフを言ってもらうという凝りよう。
この曲に関しては、ビートルズ云々というより、杉のソロ作という印象の方が強いかな?
03「アルタミラの洞窟」は、中期ビートルズ的なサイケポップなナンバー。
イントロのメロトロンは、誰もが「Strawberry Fields Forever」を思い出すだろう。
04「風のBad Girl」は、「And I Love Her」あたりの、初期のゆったりしたビートルナンバーを思い出す。竹内まりやがコーラスで参加。
05「人生はコーンフレーク」は、中期のポール的な曲かな。ちょっと「Getting Better」風と言えるかも。
06「Train To The Heaven」の歌詞は、ファブ・フォーの4人について唄っているロックンロール・ナンバー。
07「Crazy Afternoon」は、ポールが得意としていたボードビル調の曲。
08「ヒットメーカーの悲劇」は、ビートルズで言えば「I Feel Fine」や「Paperback Writer」的なロックンロールナンバー。
しかしながら、そのリフはバッドフィンガーの「Sometimes」からの引用だった。さすが奥が深い……。
09「Ordinary Friend」は、途中でフランス語が登場したりで、「Michelle」風。
10「What Time?」は、軽快なR&R。伊藤銀次がボーカルで参加し、ギターソロは白井良明。
11「Wendy」は、ストリングスのアレンジが「She's Living Home」風。杉のメロディーメーカーっぷりもよく分かる1曲。
12「"2010"」は、「All You Need Is Love」風のサイケポップ。所々5拍子も取り入れているのも、ニクい演出。
と、簡単に解説してみたが、意外な所で意外な曲のフレーズが引用されていたり、細かく聞けば聞くほど発見がある。

いわゆる元ネタ的な解釈も出来るけれども、それ以上に松尾&杉のポップスに対する造詣の深さと愛情を感じる1枚。
おそらく、ビートルズ的なサウンドを、きちんと自分たちで消化した上で、ボックスの曲として再構築しているからなのかもしれない。
海外の作品で言ったら、トッド・ラングレン率いるユートピアの「Defence The Music」当たりに近い雰囲気と言えるかな?(ラトルズほどのパロディ精神はないように思う)
浅薄にフレーズを「パクる」だけとはレベルが違うと言うのは、このアルバムを聞いた全てのポップスファンは納得してくれることだろう。

松尾&杉のファンのみならず、世のブリティッシュポップのファンにも聞いてもらいたい「ポップスの宝箱」的な1枚。


【収録曲】
01 Temptation Girl
02 魅惑の君
03 アルタミラの洞窟
04 風のBad Girl
05 人生はコーンフレーク
06 Train To The Heaven
07 Crazy Afternoon
08 ヒットメーカーの悲劇
09 Ordinary Friend
10 What Time?
11 Wendy
12 "2010"
posted by あれ at 01:31| Comment(2) | TrackBack(0) | ジャパニーズポップ 80's | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月24日

林哲司「NINE STORIES」

林哲司「NINE STORIES」.jpg86年発表の林哲司のソロ4枚目のアルバム。
この時期の林哲司と言えば、杉山清貴&オメガトライブや菊池桃子などを手がけ、ソングライター、アレンジャーとしてノリにノっていた時期。
そんな充実っぷりが、このアルバムにも反映されているのか、非常に聞き応えのある1枚。
林哲司と康珍化との共同プロデュースで、全ての曲の作曲・アレンジは、林哲司自らが手がけている。

このアルバムのハイライトは、オープニングを飾る01「悲しみがいっぱい」だろう。
上田正樹「悲しい色やね」杏里「悲しみが止まらない」に続く、林哲司の「悲しみ三部作」の最終章。
いかにも当時の林哲司らしいサウンド・プロダクションで、切なくもメロウなメロディーが、ファンにはたまらないであろう1曲。
よく林哲司のボーカルは、線が細いと評されるけれども、逆にそう言ったボーカルが、この曲の切なさを更に引き立てているように感じるのだけれど、どうだろう?

その他の曲も、佳曲ぞろい。
02「左胸の星座」は、オメガトライブ風のアーバン・ビートな1曲。
シンセベースの音色が時代を感じさせるけれど、それもまた一つの味。
03「寒い国から来たサーファー」は、ゆったりしたビートの西海岸風のAORナンバー。
自分としては、林哲司のメロディーメーカーぶりは、こういうタイプのメロウなナンバーで発揮されると思っている。
04「TOUCH ME」は、エレピの音色が印象的なバラード・ナンバーで、和製デヴィッド・フォスターの面目躍如と言う雰囲気。
05「僕もその映画を見たよ」は、軽快なシャッフルビートの曲で、林のポップサイドが顕著に現れた曲。
06「3人のテーブル」は、メロウなAORナンバー。04「TOUCH ME」とは、また違った雰囲気で、メロディーメーカー林哲司が堪能できる。
07「愁いを含んでほのかに甘く」は、このアルバムの中では、歌謡曲的なテイストが一番強い曲かな。
08「雨のハイウェイ」も、02「左胸の星座」と同じく、オメガトライブ風のテイストが漂うマイナーチューン。こういう曲だと、ボーカルの細さは弱点かもしれないな…。
09「君の理由」は、自分の印象としては、少々中途半端な感じがする1曲。アルバムのラストにしては、ちょっと地味過ぎる気もするが…。

80年代の中期にリリースされているだけあって、オメガトライブや菊池桃子などに代表される「林哲司サウンド」を十二分に堪能できるアルバム。
自分の印象としては、突出した名盤と言う雰囲気ではないけれど、飽きのこないアルバムかな、と言う感じ。
それも、01「悲しみがいっぱい」と言う名曲が入っているからかもしれませんが。

今では、ボーナストラックが加わった15曲入りのCDが再発されてるようなので、そちらをチェックしてみてはいかがでしょう?


【収録曲】
01. 悲しみがいっぱい
02. 左胸の星座
03. 寒い国から来たサーファー
04. TOUCH ME
05. 僕もその映画を見たよ
06. 3人のテーブル
07. 愁いを含んでほのかに甘く
08. 雨のハイウェイ
09. 君の理由
posted by あれ at 00:11| Comment(5) | TrackBack(0) | ジャパニーズポップ 80's | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月08日

ケルカン「蜜月世界旅行」

ケルカン「蜜月世界旅行」今回紹介するのは、日本のボサノヴァ・ユニット、ケルカン。
このケルカンは、以前に紹介した木村恵子が中心となったグループで、3枚のアルバムをリリースしている。
1stアルバム「毎日が恋愛映画」と、この2ndアルバム「蜜月世界旅行」では、元パール兄弟の窪田晴男(G)とのデュオと言う形で作品を発表(3rdのみギターは中村善郎)。

基本的にほとんどの曲がボサ・アレンジなので、全体的に落ち着いた雰囲気のアルバム。
曲によっては、塩谷哲のピアノやオルガン、ピアニカ前田のピアニカなどをフィーチャーしている。

このアルバムは、オリジナル曲が2曲で、残りはカバー曲と言う構成。
様々なポップスの名曲をボサノヴァ・タッチでカバーしているのは、なかなか聞き応えがある。
中には07「(I Can't Get No) Satisfaction」のような意外な曲のボッサ・カバーが収録されていたりして、なかなか面白い。

03「Never Gonna Let You Go」は、セルジオ・メンデスのカバー。
AOR期に入っていたメンデスの曲を、あえてボサノヴァにしてカバーしているのが、なかなか良い雰囲気。
04「Berimbau」は、幾多のブラジル人ミュージシャンにカバーされているバーデン・パウエルの曲をオーソドックスにポルトガル語でカバー。
05「I Will Wait For You」は、ジャック・ドゥミの映画「シェルブールの雨傘」で歌われた曲のカバー。
ミシェル・ルグランの曲で、これが意外とイイ雰囲気のボサに生まれかわっている。
06「My Cherie Amour」はスティーヴィー・ワンダーの曲。
テンポを落として、非常に静かな雰囲気のボッサとしてカバーしてる。
07「(I Can't Get No) Satisfaction」は、タイトルを見れば分かる通り、ローリング・ストーンズの代表曲。
ウィスパー気味のボーカルで、ジャジーな雰囲気満載でカバー。ストーンズの元曲の雰囲気は、微塵もなし。
09「Makin' Whoopee」は、ジャズのスタンダード曲らしい。
女性ボーカルってこともあって、ちょっとブロッサム・ディアリーっぽいかな、と思ったり。
10「Tie A Yellow Ribbon Around The Ole Oak Tree」は、トニー・オーランド&ドーンのヒット曲。
シンプルなボッサになった分、元曲のメロディーの良さが浮き彫りになった気がする。
12「Eternally」は、映画「ライムライト」に使われた曲で、チャップリン自らが作曲した曲。
これだけは、ボサではなく、塩谷哲のピアノをバックにしっとりと落ち着いた雰囲気。
アルバムのラストを飾るのにふさわしい1曲と言えるかな。

オリジナル曲もなかなか良く、特に02「Will You Marry Me」は、軽やかなメロディーと窪田晴男のギターが爽やかな印象を残す曲。
打ち込みのリズムが軽やかな雰囲気を作り上げていて、個人的には、非常に好きなタイプのポップ・ボッサ。
08「Happy Ending」は、結婚行進曲に乗せた、木村恵子によるポエトリー・リーディング。
唄声とはまた違った、意外と可愛らしい木村恵子の声が味わえる1曲。
ちなみに詞を書いたは、ピチカートファイヴの小西康陽。

このアルバム、それぞれの曲の副題に映画のタイトルがあてがわれているのも一つの特徴。
音楽の方面からでも、映画の方面からでも、イマジネーションを刺激してくれる1枚と言えるのかも知れない。


【収録曲】
01. Bon Voyage!
02. Will You Marry Me?(プリティウーマン)
03. Never Gonna Let You Go(第2章)
04. Berimbau(黒衣の花嫁)
05. I Will Wait For You(シェルブールの雨傘)
06. My Cherie Amour(いつの二人で)
07. (I Can't Get No) Satisfaction(昼顔)
08. Happy Ending
09. Makin' Whoopee(恋ゆくえ)
10. Tie A Yellow Ribbon Around The Ole OaK Tree(幸せの黄色いハンカチ)
11. The End Of Eden(昼下がりの情事)
12. Eternally(蜜月世界旅行)
posted by あれ at 00:50| Comment(2) | TrackBack(1) | ジャパニーズポップ 80's | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。