2006年07月03日

五島良子「Decade To Date」

五島良子「Decade To Date」今回紹介するのは、五島良子の2000年発表のアルバム「Decade To Date」。
あまりメジャーではないシンガーのような気もするけど、以前はネスカフェのCMソング「Open Up」を唄っていたり、最近ではChemistryや中島美嘉に曲を提供しているらしいので、何となく名前を目にしたことがある人は多いような気がする。

そんな五島良子ですが、デビュー当初は、爽やかなポップスを唄っていたのだけれど、96年発表の「PIERCED」から、ソウルフルなシンガーへと変貌。
そんなソウル期のアルバムは、どれも素晴らしい作品なのだけれど、なかでも一番好きなアルバムを紹介します。

ジャパニーズ・フリーソウルの傑作03「Full Sail」が収録されているというのが、このアルバムを選んだ理由の一つ。
マーヴィン・ゲイあたりが好きな人にも、十分に受け入れられるであろうメロウなナンバー。
やはりメロディーがいいというのが一番だけれど、ソウルフルな雰囲気を作り上げているバッキングも素晴らしい。
グルーヴィーなパーカッションに、アコースティックギターのカッティング、音の隙き間を埋めるフェンダーローズの音色に、効果的に挟み込まれるフルートの音色、どれをとっても完璧と言ってしまいたい1曲。
コーラスに、平井堅と玲葉奈が参加しているのもある意味で聞き所の一つかも。

そして、03「Full Sail」に負けじと劣らない、フリーソウル・ナンバー05「Name」。
こちらは、ミニー・リパートンあたりを彷彿とさせるナンバーで、センチメンタル・シティ・ロマンスの告井延隆(G)、中野督夫(G)、細井豊(Key)が参加している1曲。
グルーヴィーなギターはもちろん、曲の雰囲気を作り上げているフェンダー・ローズの音色がたまらない。

それから、傑作のバラードと断言してしまっていい、アルバムラストを飾る10「エガオ」。
塩谷哲のフェンダーローズだけをバックに歌い上げている1曲なのだが、シンガーとしての五島良子の魅力を堪能できるし、曲自体もメロディアスで美しい。
ラストに公園で遊ぶ子供たちのざわめきが収録されているけれど、そのざわめきが、この曲に、様々な意味を与えているように感じる。
アルバムのラストを飾る1曲として、本当にふさわしい1曲だと思った。

その他の曲も、一切の捨て曲なしのアルバム。
オープニングは、メランコリックなブルースハープの音色とギターのインストルメンタル01「エガオ-10」。バックに流れる街角のざわめきと共に、なぜかノスタルジーを感じてしまうインスト・ナンバー。
一転して、ソウルフルなギターのフレーズで始まるロックナンバー02「Love Drive」。当時Scudelia Electroだった石田小吉がギターで参加。
04「豹柄とPink」は、打ち込みのリズムをベースにしたミディアム・テンポのソウル・ナンバー。アン・ルイスへの提供曲のセルフ・カバーらしい。
弦楽四重奏をバックに唄う06「RONNIE」は、ボーカリストとしての五島良子の魅力を十分に味わえる1曲。
08「あしたの降るとき」は、アコースティック・ギターをバックの中心にそえたソウルナンバー。アレンジを担当した森田浩司がコーラスで参加。
シャッフル・ビートの08「Lucky」は、明るく楽しげなポップソング。このアルバムの中では、唯一初期のゴシちゃんっぽいナンバーと言えるかな。
石野卓球プロデュースによる09「ツキノハナ」は、アンビエントなテクノナンバーであるけれど、このアルバムの流れに自然にハマっている。

レビューを書くにあたって、改めてこのアルバムを聞いたけど、これはホントに名盤中の名盤。
03「Full Sail」05「Name」10「エガオ」の3曲だけでも、本当に聞く価値のあるアルバムだと思う。
Amazonなんかでは、まだ買えるようなので、色々な人に、是非とも聞いて頂きたい1枚。


【収録曲】
01. エガオ-10
02. Love Drive
03. Full Sail
04. 豹柄とPink
05. Name
06. RONNIE
07. あしたの降るとき
08. Lucky!
09. ツキノハナ
10. エガオ


posted by あれ at 02:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャパニーズポップ 00〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月18日

原田知世「Summer Breeze」

原田知世「Summer Breeze」ゴンチチのプロデュースによる、原田知世のカヴァーアルバム「Summer Breeze」。2001年発表。
タイトルの「Summer Breeze」が表すように「初夏のそよ風」というような、爽やかな雰囲気を感じるアルバム。

アレンジと演奏にゴンチチが関わっているのもあって、全編アコースティックで、ボサノヴァ・テイスト溢れる作品に仕上がっている。
どの曲も、元のメロディーがいいので、ボサ・アレンジにしても映える曲ばかり。
さらに、原田知世の落ち着いたボーカルが、優しげなメロディーを引き立てている。

最初、キャロル・キングの07「You've Got A Friend」のカバーが収録されているとことで興味を持ったのだけれど、実際にその音に触れてみたら、それ以外の曲も思いのほか良かった。
01「Say You Love Me」から、爽やかなメロディーのボサノヴァ・ナンバー。
ボビー・ヘブの02「Sunny」が、こんなにボサノヴァな曲に生まれかわると言うのは、意外だった。元々、ボサの名曲だったかのような風情を感じてしまう。
ランディー・ヴァンウォーマーの03「Just When I Needed You Most」や、ビージーズの04「How Deep Is Your Love」などは、シンプルな演奏になった分、元曲のメロディーの良さが更に際立っているように思える。

やっぱり、個人的なハイライトは、07「You've Got A Friend」。
ジェイムス・テイラーにしろ、キャロル・キングにしろ、この曲が昔から好きだったというのも大きいとは思うけれど、原田知世のボーカルも、かなりハマっている。
そして、キャロル・キングのメロディーメーカーとしての素晴らしさも改めて再確認したり。

原田知世と言うと、鈴木慶一のプロデュースの三部作や、トーレ・ヨハンソンとのコラボレート作なども有名だけれど、このゴンチチのプロデュースによる小品も、なかなか味わい深い作品で、イイ感じです。


【収録曲】
01. Say You Love Me (Patti Austin)
02. Sunny (Bobby Hebb)
03. Just When I Needed You Most (Randy Van Warmer)
04. How Deep Is Your Love (Bee Gees)
05. If (Bread)
06. Scarborough Fair (Simon & Garfunkel)
07. You've Got A Friend (Carole King)
08. That's The Easy Part (Beth Nielsen Chapman)
posted by あれ at 00:14| Comment(2) | TrackBack(0) | ジャパニーズポップ 00〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。