2008年05月23日

キャナァーリ倶楽部「ニシキカザレ」

キャナァーリ倶楽部「ニシキカザレ」自分以外にも結構いると思うのだけれど、シュープリームスの「恋はあせらず(You Can't Harry Love)」のモータウン・ビートを持った曲が、かなり好きだ。
あの「♪ドッドッドードッドッドドー」というビートにポップなメロディーが乗るだけで、スタンダードなポップナンバーに聞こえるのだから不思議な感じ。
あのビートを生み出した、ホランド=ドジャー=ホランド(並びにファンク・ブラザーズ)は、本当にポップス市場に画期的な金字塔を打ち立てたよなぁ、と改めて思ってしまう。

そんなビートを持つ曲は、洋楽はもちろん日本のポップスにも多々あって、自分はそんな「モータウンビート in JAPAN」が大好きな人間の一人。

そんな「モータウンビート in JAPAN」の中で最近お気に入りなのが、つんく♂プロデュースの女の子9人組のグループ、キャナァーリ倶楽部が歌う「ニシキカザレ」。
「恋はあせらず」のビートって、どの曲もポップで最高な曲ばかりだと思うのだけれど、この曲もその例に漏れず、とてもポップで素晴らしい楽曲。
メロディーのポップさはもちろん、聞いているだけで楽しくなってしまうナンバー。
このキャナァーリの曲以外にも、つんく♂楽曲には「恋はあせらずビート」の曲は結構あって、自分などはそんな曲に出会う度に「オオッ!」と思って一人盛り上がってる。

曲の頭から、例の「♪ドッドッドードッドッドドー」のリズムが飛び出して、続いてストリングスがイントロを盛り上げる。
もちろんメロディーもポップで、その他にも「♪イェイ!イェイ!」とか「♪カモン!レッツゴー!」といった「合いの手」も可愛らしく、曲のポップさにさらに彩りを添えている感じ。
ちょっとオケが軽すぎるかな?って部分はあるけれど、メロディーのポップさがその部分を忘れさせてくれる。
歌詞も、タイトルの「ニシキカザレ」の言葉に表されているように、「夢」に向かって邁進する女の子を描いていて、そういうポジティヴなメッセージにも共感できる。
こういう「キラキラ輝いてる女の子」を描かせると、つんく♂の歌詞は天下一品だな。

カップリングの02「HAPPYやなぁ!」は、所々にマージービート風のフレーズを織り込んだポップナンバー。
つんく♂のビートルズ好きは、ファンにはお馴染みだとは思うけれど、ここまで確信犯的にビートルズ風のフレーズを織り込んだ曲ってあまりない。
もともと60年代のブリティッシュビートにハマっていた自分のような人間にとっては、思わずニヤリとするような曲。
そういう風にとらえなくても、こちらの曲もポップでイイ感じ。

そんな感じで、今後もモータウンビートの曲をピックアップしていこうかな、と思うので、そこら辺が好きな方は乞うご期待(?)


【収録曲】
01. ニシキカザレ
02. HAPPYやなぁ!
03. ニシキカザレ(Instrumental)
04. HAPPYやなぁ!(Instrumental)
posted by あれ at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャパニーズポップ 00〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/97720620

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。