2007年06月06日

須藤薫「Tender Love」

須藤薫「Tender Love」杉真理に続いて、須藤薫のアルバムまでも紙ジャケリマスターで再発されるそうで、後追いのファンとしては、うれしいニュースであります。
「Hello Again」以降のアルバムは、なんとか中古盤で揃えた自分としては、それ以前の作品のリイシューと言うことで、かなり嬉しく思う。

そんなワケで、今回取り上げるのは、須藤薫が89年発表した「Tender Love」。
このアルバムのサウンド・プロデュースは、当時ピチカートファイヴだった小西康陽。
全ての曲のアレンジを小西が担当し、アルバムを通して聴くと、小西康陽によるウォール・オブ・サウンド〜フィル・スペクターへのオマージュと言えそうなアルバム。

01「つのる想い」から、深めのエコーに彩られた「ウォール・オブ・サウンド」な世界を展開していて、60年代ポップス好きには、何の抵抗もなく受け入れられそうな雰囲気。
イントロからロネッツの「Be My Baby」を引用しているのは、間違いなく確信犯でしょう。
タイトルの「つのる想い」も、スペクター曲の邦題から引用している点も、好感が持てる。
それにしても、こう言うゴージャスなストリングス・アレンジを施している曲って、最近聴かなくなったな(ストリングス&ホーンのアレンジは、当時ピチカート・ファイヴの高浪敬太郎)。

02「Sugar Romance」は、大滝詠一の「FUN×4」的なポップ感に溢れた曲。
「♪ パッシュ ワディ ワディ」と言うコーラスも、オールディーズ風でなかなか。

03「春の陽射し」は、ビーチボーイズの「Please Let Me Wonder」あたりを下敷きに作られたような曲。
田島貴男らの幾重にも重なったコーラスも、ビーチボーイズ風。自分はかなり好きな1曲。

ベン・E・キングの「Stand By Me」のフレーズの引用から始まる04「トーチ・ソング」は、オールディーズ風のしっとりしたポップソング。

05「二人のシルエット」は、三連系のしっとりした曲で、ビーチボーイズの「Surfer Girl」などを思い浮かべる。

06「最後のD.P.E」は、ミディアム・テンポのしっとりしたポップソング。
イントロのフレーズが、デイブ・クラーク・ファイヴの「Because」っぽいが、これも確信犯?

07「おねがいラヴァーマン」は、「Couples」の頃のピチカートにも通じるような雰囲気の曲。
50年代のアメリカのテレビ映画のサントラにありそうな雰囲気のアレンジが楽しい。

08「恋のマニュアル・ブック」は、アップテンポなポップナンバーで、「ウォール・オブ・サウンド」的な世界からはちょっと離れているけれども、これはこれで好き。
同時期のピチカートファイヴ(田島貴男ボーカル期)に一番近いサウンドかな?

09「去年の夏」は、再び「ウォール・オブ・サウンド」的なサウンドを展開。
この曲のみ、作曲も小西康陽で、ミディアムテンポのしっとりした曲。
イントロに、どことなくグレン・キャンベルの「I Guess I'm Dumb」っぽい雰囲気を感じる。

10「冬のゴスペル」は三連系の曲で、アルバムを締めくくるのにふさわしい静か目な曲。
この曲でも、ゴージャスなストリングスが効果的。

何となく歌詞を辿っていくと、01「つのる想い」から10「冬のゴスペル」までが、二人の男女の出会いから別れまでを追った短編集なのかな、と言うような気もしてくる。
すべての曲で小西が作詞したワケではないけれども、01「つのる想い」の出会った時のドキドキ感から、10「冬のゴスペル」での悲しい別れまで、何となく一つのストーリーになっているような気がするのだが、どうだろう?

サウンド的には、アルバムを通して聴くと、最初に指摘したように、フィル・スペクター〜ビーチボーイズ〜大瀧詠一といった「ウォール・オブ・サウンド」を継承していく流れの中の1枚、と言った趣きを感じる。
そんな面からも、大瀧詠一がプロデュースしたシリア・ポールの「夢で逢えたら」との符合を感じる。
改めて聞き直してみて、ポップなメロディーはもちろん、ロマンティックでゴージャスなストリングスに圧倒される部分が多かった。
「夢で〜」が好きな人には、是非とも聴いてもらいたい1枚。


【収録曲】
01. つのる想い
02. Sugar Romance
03. 春の陽射し
04. トーチ・ソング
05. ふたりのシルエット
06. 最後のD.P.E.
07. おねがいラヴァーマン
08. 恋のマニュアル・ブック
09. 去年の夏
10. 冬のゴスペル


♪須藤薫「つのる想い」
posted by あれ at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャパニーズポップ 80's | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/43973794

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。