2007年05月27日

米光美保「FOREVER」

FOREVER何となく買ったCDが、何となく気に入って、唄ってる歌手が何となく好きになっている、と言うパターンは、自分の中では少なくない。
今回紹介する米光美保も、そんなシンガーの一人。

角松敏生のプロデュースと言うことで、何となく2枚のアルバムを手に入れ、何となく聴いていくうちに、いつの間にか好きなシンガーになっていた。
東京パフォーマンスドール時代は、活動自体にそれほど興味はなかったのだけれど、角松作品を聞いているうちに結構ハマってしまい、今では好きな女性シンガーの一人。

このアルバム「FOREVER」は、角松敏生がプロデュースを手がけた2作目にあたる作品。
曲とアレンジはもちろん、ほとんどの曲の打ち込み、ギターで角松が参加していて、「角松ワールド」が好きな人には、何の抵抗もなく受け入れられる音なのでは?

やはりシティポップ好きとしての聞き所は、08「恋は流星〜SHOOTING STAR OF LOVE〜」でしょうか。
言うまでもなく、吉田美奈子の「Twilight Zone」に収録された曲のカバーバージョン。
今聴くと、打ち込みのバッキングが少々「90年代的」なものを感じさせなくもないけれども、米光の歌声とメロディーの相性は抜群で、この曲をカバーさせようと思った角松のセンスには恐れ入る。
個人的には、吉田美奈子のオリジナルよりも好きかもしれない。

そして、個人的にこのアルバムで一番気に入っているナンバー、06「YA-DA」。
サンバ風のリズムを取り入れた、ゆったりしたナンバーで、少しアンニュイな雰囲気が漂うポップス。
この「ちょっとアンニュイ」な雰囲気が、米光のボーカルにはよく似合う。
(この曲のみ、曲とアレンジは先日急逝した浅野"ブッチャー"祥之氏です。この場を借りて氏のご冥福をお祈りします)

そして、バラードナンバーもかなり良く、07「Feel of you (Album Version)」は、「シンガー米光美保」を味わうには最適のナンバー。
ピアノとストリングスがアンサンブルの中心になったバラードで、メロディーラインは「いかにも角松!」と思えるような曲だけれど、米光のボーカルもメロディーにマッチしているし、名バラードと言ってしまっていいと思う。
改めて聴いていて、こう言う曲での米光の声は本当に映えるなぁ、と思った。

他の曲を簡単に解説すると、オープニングの01「ナチュラル・フーズ」は、ファンキーなフュージョン・インスト。
いきなりこんな曲で幕を開けるとは、アイドル的に彼女を見ていた人は面食らっただろうなぁ……。
03「ILLUSION TOWN」は、軽快でダンサブルなポップス。
米光の爽やかな声と軽快なアレンジがマッチしていて自分はかなり好みのダンスチューン。
打ち込みのリズムに生のブラスが軽快に鳴り響く。
04「眠れない夜」は、静か目の曲で、フリューゲルホーンが、なかなか良い味を出している。
05「FALL IN LOVE, IT'S FOREVER」は、メロウなダンスチューン。
この曲でも、角松の書くメロディーラインと米光のボーカルの相性はバッチリ。
ただ、アレンジがちょっとゴチャゴチャした印象があるので、シンプルな伴奏で聴きたい曲ではありますが……。
09「ひとりじゃないのよ」は、今の米光が歌っているような曲に一番近いかな?
ピアノを中心にしたバッキングのミディアム・ナンバーで、3分弱の短い曲ながらも、シンガーとしての米光の魅力は十分に伝わる良曲。

彼女は現在でもシンガーとして活動中で、インディーながらもアルバムをリリースしている。
自分としては、現在の歌手活動の方が聴いていて心地よい曲が多いので、密かに応援中。
2ヶ月に一度ほどのペースで行われている汐留のフリーライヴにも、何度か足を運んでみたり。
もちろんアルバムもすべて購入しました。

現在の活動については、彼女の公式サイトを訪れれば色々と分かります(ページを開くと音が出ます)。
曲の試聴も出来るので、気になっている人は是非!!!


【収録曲】
01. ナチュラル・フーズ
02. LABYRINTH
03. It's just a moment 〜weariness〜
04. 眠れない夜
05. FALL IN LOVE, IT'S FOREVER
06. YA-DA
07. Feel of you (Album Version)
08. 恋は流星
09. ひとりじゃないのよ


♪米光美保「恋は流星」
posted by あれ at 02:09| Comment(3) | TrackBack(0) | ジャパニーズポップ 90's | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。
米光美保さんの角松プロデュース作品は、アルバム・シングル共に持ってます。
このアルバムも良いですよね。
あれさんの仰るように、カヴァー曲のセンスの良いのも角松プロデュース作品の特徴で、
08はもちろんですが、大橋純子さんのカヴァー01は相当マニアックで笑ってしまいました。

最近はどうしているんだろうと思っていましたが、活動されていたんですね。安心しました。
Posted by kaz-shin at 2007年05月27日 10:25
kaz-shinさんも、このアルバムお持ちだったんですね。
1曲目が大橋純子のカバーとは知りませんでした。

米光に関しては、7月にライヴハウスで単独ライヴをやるらしいので、行ってみようかな、と思ってます。
今のような、いい意味で肩の力が抜けた彼女のボーカルは結構自分の好みなので。
Posted by あれ at 2007年05月27日 21:25
米光美保さんは「sunday6:00」(料理バンザイ!エンディングテーマ)で初めて知りました。初めて聞いた時、誰だ!と思い、米光さんだと知り、すぐ、アルバムを買ってしまいました。東京パフォーマンスドールの方だとは思いませんでしたが。
また、奈良の大学を卒業し、実家福島に戻っても、「風のpavement」がテレビユー福島の夕方のニュース番組のエンディングテーマで取り上げられており、より身近な存在になりました。
久々のお盆の長期休暇で米光さんをネットサーフィンしましたが、やはりクリアボイスは懐かしく、心地よいものでした。この記事を書かれた方に感謝申し上げます。
Posted by kenichi at 2011年08月14日 13:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/42998526

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。