2006年07月24日

林哲司「NINE STORIES」

林哲司「NINE STORIES」.jpg86年発表の林哲司のソロ4枚目のアルバム。
この時期の林哲司と言えば、杉山清貴&オメガトライブや菊池桃子などを手がけ、ソングライター、アレンジャーとしてノリにノっていた時期。
そんな充実っぷりが、このアルバムにも反映されているのか、非常に聞き応えのある1枚。
林哲司と康珍化との共同プロデュースで、全ての曲の作曲・アレンジは、林哲司自らが手がけている。

このアルバムのハイライトは、オープニングを飾る01「悲しみがいっぱい」だろう。
上田正樹「悲しい色やね」杏里「悲しみが止まらない」に続く、林哲司の「悲しみ三部作」の最終章。
いかにも当時の林哲司らしいサウンド・プロダクションで、切なくもメロウなメロディーが、ファンにはたまらないであろう1曲。
よく林哲司のボーカルは、線が細いと評されるけれども、逆にそう言ったボーカルが、この曲の切なさを更に引き立てているように感じるのだけれど、どうだろう?

その他の曲も、佳曲ぞろい。
02「左胸の星座」は、オメガトライブ風のアーバン・ビートな1曲。
シンセベースの音色が時代を感じさせるけれど、それもまた一つの味。
03「寒い国から来たサーファー」は、ゆったりしたビートの西海岸風のAORナンバー。
自分としては、林哲司のメロディーメーカーぶりは、こういうタイプのメロウなナンバーで発揮されると思っている。
04「TOUCH ME」は、エレピの音色が印象的なバラード・ナンバーで、和製デヴィッド・フォスターの面目躍如と言う雰囲気。
05「僕もその映画を見たよ」は、軽快なシャッフルビートの曲で、林のポップサイドが顕著に現れた曲。
06「3人のテーブル」は、メロウなAORナンバー。04「TOUCH ME」とは、また違った雰囲気で、メロディーメーカー林哲司が堪能できる。
07「愁いを含んでほのかに甘く」は、このアルバムの中では、歌謡曲的なテイストが一番強い曲かな。
08「雨のハイウェイ」も、02「左胸の星座」と同じく、オメガトライブ風のテイストが漂うマイナーチューン。こういう曲だと、ボーカルの細さは弱点かもしれないな…。
09「君の理由」は、自分の印象としては、少々中途半端な感じがする1曲。アルバムのラストにしては、ちょっと地味過ぎる気もするが…。

80年代の中期にリリースされているだけあって、オメガトライブや菊池桃子などに代表される「林哲司サウンド」を十二分に堪能できるアルバム。
自分の印象としては、突出した名盤と言う雰囲気ではないけれど、飽きのこないアルバムかな、と言う感じ。
それも、01「悲しみがいっぱい」と言う名曲が入っているからかもしれませんが。

今では、ボーナストラックが加わった15曲入りのCDが再発されてるようなので、そちらをチェックしてみてはいかがでしょう?


【収録曲】
01. 悲しみがいっぱい
02. 左胸の星座
03. 寒い国から来たサーファー
04. TOUCH ME
05. 僕もその映画を見たよ
06. 3人のテーブル
07. 愁いを含んでほのかに甘く
08. 雨のハイウェイ
09. 君の理由
posted by あれ at 00:11| Comment(5) | TrackBack(0) | ジャパニーズポップ 80's | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。
しっとりとした良いアルバムですね。
林哲司フリークとしては、取り上げて頂いて嬉しいです。
個人的には、エアプレイのサウンドを意識した感じの
『サマー・ワイン』が1番好きなんですが、
このアルバムも捨て難いものがあります。
Posted by kaz-shin at 2006年07月24日 11:50
コメントありがとうございます。
自分としては、「悲しみがいっぱい」が収録されているせいなのか、「サマー・ワイン」よりも、こちらの方が好みですね。
もちろん「サマー・ワイン」が好きじゃない、という意味ではありませんよ(笑)
あと、オメガトライブ・サウンドに親しんでいた耳には、こちらのサウンドの方がしっくり来るのかもしれませんね。
Posted by Alee at 2006年07月25日 01:23
林哲司の曲は良いですね!作曲家としても、好きな曲があります。このアルバムは残念ながら、まだ持っていませんが、「ヴォーカル コレクション TIME FLIES」は持っています。ボーカルとしても好きなアーティストだと思ってます。
Posted by Jun at 2006年07月27日 23:12
何度かコメントを入れてましたが、うまく入らずにいました。ちゃんと入っていますか?林哲司さんのこのアルバムはまだ持っていませんが、ヴォーカル コレクションはあります。作曲家としてもボーカルとしても好きなアーティストです。林哲司が歌う「思い出のビーチクラブ」もなかなか良いですよ
Posted by Jun at 2006年07月27日 23:22
Junさん、コメント反映されず、申し訳ありませんでした。
ブログの調子が悪いのか、再構築しないとコメントが反映されない状態になっているようです(自分の設定では投稿時に反映するようにさせてるんですが…)。

林哲司、意外に人気のようですね。
やはり、ソングライターとして色々な人に曲を書いたり、アレンジを手がけていたりしているだけはありますね。
「TIME FLIES」は、最近手に入れました。
まだ、ちゃんと聞けてないので、今度しっかり聞いてみます。
作曲家としては、竹内まりやの「September」が一番好きだったりします。

林さんと言えば、彼の書いた「歌謡曲」という本も面白かったです。
あと、JASRACのホームページにある「作家で聞く音楽」シリーズのインタビューも、なかなか読み応えがありますね。
http://www.jasrac.or.jp/sakka/vol_12/hayashi_inner1.html
Posted by Alee at 2006年07月27日 23:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。