2006年07月03日

五島良子「Decade To Date」

五島良子「Decade To Date」今回紹介するのは、五島良子の2000年発表のアルバム「Decade To Date」。
あまりメジャーではないシンガーのような気もするけど、以前はネスカフェのCMソング「Open Up」を唄っていたり、最近ではChemistryや中島美嘉に曲を提供しているらしいので、何となく名前を目にしたことがある人は多いような気がする。

そんな五島良子ですが、デビュー当初は、爽やかなポップスを唄っていたのだけれど、96年発表の「PIERCED」から、ソウルフルなシンガーへと変貌。
そんなソウル期のアルバムは、どれも素晴らしい作品なのだけれど、なかでも一番好きなアルバムを紹介します。

ジャパニーズ・フリーソウルの傑作03「Full Sail」が収録されているというのが、このアルバムを選んだ理由の一つ。
マーヴィン・ゲイあたりが好きな人にも、十分に受け入れられるであろうメロウなナンバー。
やはりメロディーがいいというのが一番だけれど、ソウルフルな雰囲気を作り上げているバッキングも素晴らしい。
グルーヴィーなパーカッションに、アコースティックギターのカッティング、音の隙き間を埋めるフェンダーローズの音色に、効果的に挟み込まれるフルートの音色、どれをとっても完璧と言ってしまいたい1曲。
コーラスに、平井堅と玲葉奈が参加しているのもある意味で聞き所の一つかも。

そして、03「Full Sail」に負けじと劣らない、フリーソウル・ナンバー05「Name」。
こちらは、ミニー・リパートンあたりを彷彿とさせるナンバーで、センチメンタル・シティ・ロマンスの告井延隆(G)、中野督夫(G)、細井豊(Key)が参加している1曲。
グルーヴィーなギターはもちろん、曲の雰囲気を作り上げているフェンダー・ローズの音色がたまらない。

それから、傑作のバラードと断言してしまっていい、アルバムラストを飾る10「エガオ」。
塩谷哲のフェンダーローズだけをバックに歌い上げている1曲なのだが、シンガーとしての五島良子の魅力を堪能できるし、曲自体もメロディアスで美しい。
ラストに公園で遊ぶ子供たちのざわめきが収録されているけれど、そのざわめきが、この曲に、様々な意味を与えているように感じる。
アルバムのラストを飾る1曲として、本当にふさわしい1曲だと思った。

その他の曲も、一切の捨て曲なしのアルバム。
オープニングは、メランコリックなブルースハープの音色とギターのインストルメンタル01「エガオ-10」。バックに流れる街角のざわめきと共に、なぜかノスタルジーを感じてしまうインスト・ナンバー。
一転して、ソウルフルなギターのフレーズで始まるロックナンバー02「Love Drive」。当時Scudelia Electroだった石田小吉がギターで参加。
04「豹柄とPink」は、打ち込みのリズムをベースにしたミディアム・テンポのソウル・ナンバー。アン・ルイスへの提供曲のセルフ・カバーらしい。
弦楽四重奏をバックに唄う06「RONNIE」は、ボーカリストとしての五島良子の魅力を十分に味わえる1曲。
08「あしたの降るとき」は、アコースティック・ギターをバックの中心にそえたソウルナンバー。アレンジを担当した森田浩司がコーラスで参加。
シャッフル・ビートの08「Lucky」は、明るく楽しげなポップソング。このアルバムの中では、唯一初期のゴシちゃんっぽいナンバーと言えるかな。
石野卓球プロデュースによる09「ツキノハナ」は、アンビエントなテクノナンバーであるけれど、このアルバムの流れに自然にハマっている。

レビューを書くにあたって、改めてこのアルバムを聞いたけど、これはホントに名盤中の名盤。
03「Full Sail」05「Name」10「エガオ」の3曲だけでも、本当に聞く価値のあるアルバムだと思う。
Amazonなんかでは、まだ買えるようなので、色々な人に、是非とも聞いて頂きたい1枚。


【収録曲】
01. エガオ-10
02. Love Drive
03. Full Sail
04. 豹柄とPink
05. Name
06. RONNIE
07. あしたの降るとき
08. Lucky!
09. ツキノハナ
10. エガオ
posted by あれ at 02:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャパニーズポップ 00〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/20189156

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。