2006年07月02日

森高千里「今年の夏はモア・ベター」

森高千里「今年の夏はモア・ベター」アイドルのサマー・アルバムを続けて紹介したので、今日はそんなアルバムの中で変わり種の1枚、森高千里の「今年の夏はモア・ベター」をご紹介。

細野晴臣プロデュースによる異色のアルバムで、98年発表の作品。
このアルバム、森高千里のアルバム、と言うよりも、細野晴臣のソロアルバムに、森高がゲストボーカルとして参加した、と言うような趣きで、いわゆるトロピカル3部作を、90年代型ポップスとして甦らせた雰囲気を感じる1枚。
当時、CMで共演したのをきっかけにして、森高サイドのスタッフがプロデュースを依頼した所、細野さんが快諾して、このような企画が実現したと言う。

やはり、細野関連のカバーが、2曲収録されているのが、一つの聞き所。
01「東京ラッシュ」は、元々は「はらいそ」に収録の細野ナンバー。
オリジナルよりもアップテンポにアレンジされて、軽快な印象を残す好カバー。
細野さん本人もボーカルとして参加して、森高とデュエットしてます。
05「風来坊」は、はっぴいえんどのカバー。
オリジナルのフォーキーなノリは姿を消して、ほんのりトロピカルに味つけされた、軽快なリズムのポップナンバーへ変貌。こちらのカバーも、自分は好きです。

そう言った細野カバーだけでなく、他の曲も良い曲が揃っています。
02「夏の海」は、アルバム「Rock Alive」収録曲の再録バージョン。
オリジナルからかなりアレンジを変更して、60年代のサーフィンサウンドを下敷きにしたようなバージョンに仕上げているのは、さすがは細野晴臣と感じる。
03「Hey! 犬」は、オリエンタルでポップなアレンジに、森高らしい風変わりな歌詞がのるナンバー。
コシミハルの作曲の04「ア・ビアント」は、細野+コシミハルのユニット、スウィング・スローに通じるような雰囲気の1曲。
そして、個人的にはこのアルバムで一番好きな07「カリプソの娘」。
森高自らが叩くスティール・パンの音色が心地良い、ゆったりしたリズムの曲。
08「ミラクルライト」は、ブギウギのリズムがイイ感じのポップナンバー。
05「ビーチ・パーティー」09「ミラクルウーマン」といったインストも、細野晴臣独特のオリエンタルでトロピカルなイメージを、上手くポップスに昇華させた感じがする曲で、聞き所の一つ。

それまでの森高のアルバムの流れから逸脱したアルバムではあるけれど、細野ファンからしてみれば、90年代の「はらいそ」的な聞き方も出来る1枚(「はらいそ」の最後でも、「この次はモア・ベターよ」と細野さんも言っていることですし……)。
いわゆる「トロピカル3部作」よりも、ポップで取っ付きやすいアルバムなので、個人的には、暑い日が続くと自然と聞きたくなるアルバムだったりします。


【収録曲】
01. 東京ラッシュ
02. 夏の海
03. Hey! 犬
04. ア・ビアント
05. 風来坊
06. ビーチ・パーティ
07. カリプソの娘
08. ミラクルライト (Twist Version)
09. ミラクルウーマン (Vinyl Version)
posted by あれ at 01:57| Comment(1) | TrackBack(0) | ジャパニーズポップ 90's | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
聴いてみたくなりました*\(^o^)/*
Posted by 井上幸子 at 2013年01月05日 06:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/20133065

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。