2006年07月01日

松田聖子「The 9th Wave」

松田聖子「The 9th Wave」先日の菊池桃子「Ocean Side」に続いて、アイドルポップのサマーアルバムを紹介したいな、と思い、松田聖子の85年発表の「The 9th Wave」をセレクト。
ジャケットは、ちょっと安易な雰囲気ですが(どう見ても合成だし)、内容的には、なかなかの佳曲ぞろいのアルバム。

この作品以前にも、様々なミュージシャンの作品を唄っていた松田聖子だけれども、このアルバムでも執筆陣は豪華。
名前を挙げると、原田真二、吉田美奈子、尾崎亜美、矢野顕子、杉真理、大貫妙子、甲斐よしひろと言った人たち。
そう言った作家陣の音をまとめるのは、全ての曲のアレンジを手がけた大村雅朗。

オープニングを飾る01「Vacancy」は、原田真二作曲のトロピカルな印象の曲。
カリプソ風のリズムを取り入れたアレンジは、このサマーアルバムのオープニングを飾るのにふさわしい1曲。
松田聖子が、シングルっぽい王道を外れた所で、こういうトロピカルな曲をやっていたと言うのは、意外と言えば意外だった。
自分的には、このアルバムのベストトラックと言える。

02「夏のジュエリー」は、松田聖子の王道を行くようなポップチューン。
作詞:吉田美奈子、作曲:大村雅朗と言う組み合わせの曲で、松武秀樹の打ち込みサウンドに、松原正樹のギターが心地いい。
シングルにもなった03「ボーイの季節」は、詞と曲が尾崎亜美による1曲。
ミディアム・テンポのメロディアスな曲で、コーラスに尾崎亜美自身が参加している。
杉真理作曲の07「さざなみウェディングロード」は、杉のソロ作にも通じるポップナンバー。
「ナイアガラ・トライアングル vol.2」に収録された、「夢見る渚」などの雰囲気に近い曲と言えるかな。
そして、松田聖子の代表曲の一つと言える08「天使のウィンク」。
03「ボーイの季節」と同じく、尾崎亜美による作詞、作曲のシングル曲だけれど、03「ボーイの季節」が「静」なら、こちらは「動」と言うような雰囲気のポップナンバー。
こういう形の松田聖子のシングルの王道のナンバーは、何も言うこと無い。
09「ティーン・エイジ」は、作詞:吉田美奈子、作曲:大貫妙子という、面白い顔合わせの曲。
80年代中期の大貫さんらしいメロディーで、その頃の音が好きな人は、気に入るかもしれない。
そして、アルバムのラストを飾る10「夏の幻影」。
尾崎亜美の作詞・作曲によるバラードで、夏の終わりに恋の終わりを重ねている歌詞も、なかなか素晴らしい。
木戸泰弘と尾崎亜美によるコーラスも、そんな曲の雰囲気を作り上げるのに、一役買っているように思う。

松田聖子と言うと、初期の頃から「青い珊瑚礁」や「白いパラソル」と言うように、「夏」のイメージの曲を数多くリリースしてきた印象があるけれど、このアルバムもそう言う流れの集大成と言えるのかな、と漠然と感じている。
このアルバム以降、端的に「夏」を表すような曲のリリースは減ってしまうし、結婚したことで、シンガーとして「夏」=「恋」と言った単純な夏の風景が描きづらくなったと言うことも関係しているかもしれない。

それにしても、このアルバムがリリースされてから、20年以上の月日が流れていると言うのに、今聞いてもあまり古びた感じがしないのは、素晴らしいな、と感じた1枚。


【収録曲】
01. Vacancy
02. 夏のジュエリー
03. ボーイの季節
04. 両手のなかの海
05. す・ず・し・い・あ・な・た
06. 星空のストーリー
07. さざなみウェディングロード
08. 天使のウィンク
09. ティーン・エイジ
10. 夏の幻影
posted by あれ at 00:15| Comment(5) | TrackBack(0) | ジャパニーズポップ 80's | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは!! Music Review and Opinions(松田聖子 音楽レビューサイト)の管理人です。アルバム『The 9th Wave』の感想を見つけてやってまいりました。私たちのサイトはブログではないのですがトラックバック受付機能がありますので、もしお気が向きましたらトラックバックをください。

『The 9th Wave』のトラックバックURLは
http://mro.xrea.jp/catalog/tb.php/prod/66/lang/4 になります。

トラックバックをしていただくと、以下のページにこの記事の概要が掲載され、このページにリンクされます。
http://mro.xrea.jp/catalog/product_info.php/products_id/66
よろしくお願いいたします。
Posted by MR&O at 2006年07月02日 16:49
「夏のジュエリー」は、吉田さんの作詞ですが、冨田ラボの作品への提供作(うちのブログでもとりあげました)にしても「女神」という単語が好きですね。
今日、初めて記事を全て読ませて頂いて、いくつかの記事にコメント入れさせてもらいました。

うちのブログは、まだ始めて一週間ちょっとですがAleeさんもぜひ、遊びにいらして下さい。

Posted by LOVE☆YUYA at 2006年07月02日 18:57
>MR&Oさん
コメントありがとうございます。
以前から、あのレビューサイトは、ちょくちょく読ませて頂いてましたので光栄です。
早速トラバ送らせて頂きました。
今後も読ませて頂くと思いますので、よろしくお願いします。

>LOVE☆YUYAさん
あまり「詩」と言う観点で吉田美奈子を見てなかったんで、歌詞に関してはよく分かりません。
時々、自分の感覚と合致する言葉があったりすると、歌詞カードをよく読んでみたりはするんですけれども。

ブログは、たまに覗かせてもらってますよ。
Posted by Alee at 2006年07月02日 21:31
Aleeさん、早速トラックバックをありがとうございます!!
またブログで松田聖子さんの作品を取り上げる機会がございましたら、是非よろしくお願いいたします。
Posted by MR&O at 2006年07月03日 00:35
>MR&Oさん
こちらこそ、トラバ承認ありがとうございました
今後も聖子作品について書くことがありましたら、またよろしくお願いします
Posted by Alee at 2006年07月03日 22:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。