2006年06月01日

木村恵子「STYLE」

木村恵子「STYLE」鈴木茂がプロデュースを手がけた木村恵子のデビューアルバム「STYLE」。
ちょっと気怠さ漂うアンニュイなボーカルが、鈴木のアレンジする曲に不思議とマッチしている。
作曲家陣には、木村恵子自身や鈴木茂の他に、杉真理、門あさ美などが参加し、作詞には、松本隆や湯川れい子らの名前が見える。

最初、岡崎友紀の「Do You Remember Me?」のカバーが収録されていると言うので興味を持った1枚。
しかも、アレンジが鈴木茂というのだから、期待は否応無しに高まった。
が、聞いてみた感想は、「意外とフツー………」。
そんな感じで「Do you remember me」には、ちょっと肩すかしを食らった形にはなったのだけれど、アルバムを通して聞いてみると、他の曲の方が圧倒的に良かった。

自分的なベストトラックは、02「泉に誘って」。
木村恵子の気怠いボーカルと、ボサノヴァ・アレンジの相性がとてもいい。
後に元パール兄弟の窪田晴男と、ケルカンと言うボサノヴァユニットを組む木村恵子だけあって、ボサ調の曲のボーカルは、結構ハマってる。

オープニングを飾る01「Good Morning」は、AOR風のシティーポップ・ナンバー。
鈴木茂の弾く、ギターのカッティングが心地いい1曲。
05「水の都」は、非常にロマンティックな曲調なのだが、メロディー以上に、この曲の松本隆の歌詞には、「作詞家」ではなく「詩人」としての才気を感じる。
やはり、木村恵子のアンニュイなボーカルのせいか、静かな曲の方がハマってるかな、と言う印象。

あと、木村恵子と言うと、永作博美の2ndアルバムで「恋と微笑みと花」と言う、ボッサな曲を書いている。
あまり知られていない曲だとは思うけれど、なかなかの名曲なので聞く機会がある人には、聴いてもらいたい1曲。
永作博美と言うと、今やすっかり女優になってしまったけど、シンガーとしても結構いい作品を残してるのですよ。

この「STYLE」というアルバム、「名盤!」と太鼓判を押す雰囲気ではないけれど、飽きがこないアルバムのような気がする。
「Lagoon」〜「Caution!」辺りのメロウな鈴木茂ワールドが好きな人なら、恐らく気持ちよく聞けるのではないかな、と思う1枚。
シティポップ好きには、01「Good Morning」〜02「泉に誘って」と言う冒頭2曲だけでも聞いてもらいたい。


【収録曲】
01. Good Morning
02. 泉に誘って
03. 電話しないで
04. シンジラレネーション
05. 水の都
06. コルトレーンで愛して
07. Do you remember me
08. 黒いマニキュア
09. Good-bye Eggman
10. シャレード'88
posted by あれ at 02:18| Comment(2) | TrackBack(0) | ジャパニーズポップ 80's | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
永作は、『N』も『Here〜』も愛聴盤です。
「My Home〜」は歌詞が好きなので自分のブログの記事でいつか使用するつもりです。
永作は、ribbon時代のソロも名曲多いですね。
楠瀬作の「卒業」や、the Shamrock作の「Boy's Dream Days」とかきゅん系ですね。
Posted by LOVE☆YUYA at 2006年07月02日 18:22
ribbonでは、岡崎友紀の「Do You Remember Me?」カバーがナイアガラ・サウンドっぽくて好きですね
Posted by Alee at 2006年07月02日 21:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。