2006年05月23日

太田裕美「海が泣いている」

太田裕美「海が泣いている」78年にリリースされた太田裕美のアルバム「海が泣いている」。L.A.でレコーディングされた9作目。
全曲、作詞:松本隆、作曲:筒美京平という、「木綿のハンカチーフ」を生み出したコンビによる作品。
レコーディングには、リー・リトナーなどの現地ミュージシャンを起用し、アレンジャーには、太田裕美作品の常連・萩田光雄の他に、サイモン&ガーファンクルの「明日にかける橋」などを手がけたジミー・ハスケルらが参加している。

このアルバムは、何と言っても01「スカーレットの毛布」に尽きる。
リー・リトナーによるギター・カッティングが心地良い、メロウグルーヴなナンバー。
16ビートを刻むドラムスに、リトナーのギターなど、フュージョンのテイストが満載のナンバーなので、シティポップ好きの間でも、もっと評価されても良いのでは?
77年の「こけてぃっしゅ」もシティポップ的な評価が高い作品だけれども、それ以外のアルバムも聞き逃せないことを実感。

その他の曲を紹介すると、03「茉莉の結婚」は、メロディーがフォーク調ながら、サウンドはかなりL.A.風。
歌詞も、かなりドメスティックな雰囲気ではあるのだけれど、リトナーのギターソロは、一聴の価値はある。
レゲエのリズムをポップに消化した07「ナイーブ」も、ちょっと変則的ながら、なかなか良い雰囲気のポップソング。
10「∞(アンリミテッド)」は、ちょっとディスコ寄りのアレンジではあるけれども、シティポップの範疇に入れてもいいかな、というナンバー。
グルーヴィーなベースラインが、なかなかカッコ良い。

アルバム全体を通して聞くと、ちょっとフォーク色が強い面も感じるけれども、シティポップ好きなら「スカーレットの毛布」だけでもを聞いてみる価値はある。
筒美京平好きが、思わぬ所で役立ったと思った瞬間。


【収録曲】
01. スカーレットの毛布
02. 振り向けばイエスタディ
03. 茉莉の結婚
04. Nenne
05. 街の雪
06. 海が泣いている
07. ナイーブ
08. 水鏡
09. 女優(ヒロイン)
10. ∞(アンリミテッド)


posted by あれ at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャパニーズポップ 70's | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。