2006年05月19日

ザ・シャムロック「five - 僕がいた夏」

ザ・シャムロック「five-ぼくがいた夏」高橋一路と山森正之の二人によるユニット、ザ・シャムロック。
彼らが、ポニーキャニオンに残した最後のシングルが、この「five-僕がいた夏」。
シングルでしかリリースされていない楽曲だけれど、自分の中ではかなりのキラーチューン。

このシングルは、タイトルチューンである「five-僕がいた夏」が、本当に素晴らしい。
フルートをフィーチャーしたイントロ、ポップで爽やかなメロディー、軽やかにドライヴするベースライン、何度聞いても飽きがこない、初期シャムロックの集大成と言える1曲。
このシングルをリリース後、EPIC ソニーに移籍し、アシッド・ジャズ的なナンバーを連発する彼らだけれど、そう言う雰囲気を漂わせながらも、シティポップ風の軽やかな曲に仕上げている点にも好感が持てる。
移籍後は、その音楽のスタイルから、スタイル・カウンシルを引き合いに出されることが多かったけれど、言われてみれば、この「five-僕がいた夏」と言う曲も、「My Ever Changing Moods」や「A Solid Bond In Your Heart」などのスタカンのポップサイドに通じるものがある。

カップリングは、吉田美奈子が作詞を手がけた「微笑みの瞬間」。
ボーカルをとった、ジェフ(山森の愛称)らしい、ちょっとノスタルジーを感じさせてくれるポップソング。
シャムロック解散後に、バブルガムポップバンド、オレンジズを結成するジェフならでは、と言ってもいい出来映え。

このシングルリリース後、レコード会社を移籍し、2枚のアルバムを残して解散してしまう彼らだが、この対照的な雰囲気の2曲を聴くと、それも納得する。
高橋が、ジャズやソウルの要素を取り入れたシークレット・クルーズを立ち上げ、山森が、バブルガムポップや70年代の歌謡曲を取り入れたオレンジズを結成するのも、必然だったのだろう。

それにしても、「five」がシングルのみのリリースというのは、かなり残念。
自分も、中古盤屋を長年探し歩いてようやく手に入れられたものだったし(アルバムは比較的よく見かけるのだけど)。
ポニーキャニオン&EPICソニーのシングルだけを集めたベスト盤とかリリースされたりしないかなぁ……してくれたら最高なんだけれど。
こんないい曲を埋もれさせておく手はないと思うけどなぁ………。


【収録曲】
01. five - 僕がいた夏
02. 微笑みの瞬間
posted by あれ at 00:01| Comment(3) | TrackBack(0) | ジャパニーズポップ 90's | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
シャムロックの"five"のサビ「思い出の向こう側〜♪」がずっとリフレインしてここまで来ました。
是非、何らかの方法で良いので音源を頂けないでしょうか。
よろしくお願いします。
Posted by mickey at 2011年03月18日 00:51
「five - 僕がいた夏」は2008年に発売されたベストアルバム「1,2 and 4ever!」で聴くことが可能ですよ。 今でもamazonやHMVで購入可能です。 http://www.amazon.co.jp/1-2-4ever-%E7%B4%99%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88%E4%BB%95%E6%A7%98-Shamrock/dp/B001DS39WO
Posted by k at 2012年07月26日 12:07
昔録画した番組を久しぶりに見たら、ゲストがシャムロックでした。久々に演奏を見て懐かしくなりCD引っ張り出しました。このシングルは当時少ないお小遣いで買って今も大事にもってます。いい曲ですよね!
Posted by yum at 2015年08月03日 01:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/18691633

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。