2008年03月01日

原田知世「music&me」at 恵比寿ガーデンホール

恵比寿のガーデンホールまで、原田知世のコンサートを見に行く。

もう、本当に素晴らしかった。
あそこまで心が満ち足りた気持ちになるとは思ってもいなかった。
なんだか、文章が支離滅裂で長くなってしまったが、そうなる必然が、自分の中ではあるので仕方がない。
多分、他人には伝わらない文章のような気がするが、とりあえず書いておく。

ま、単純に言ってしまえば「素晴らしかった」の一言を長々言い換えてるだけですが。
 
 
 自分、それなりにファンではあったが、それほど原田知世と言う人に思い入れはなかったのだけれど、今回のライヴは本当に良かった。
昨年末に出たアルバム「music&me」が、素晴らしく自分の感性にフィットするアルバムで、自然とコンサート行きたいなぁ、と思って足を運んだ。
特に今回は、ツアーのラストと言う事、そして今回のアルバムが知世ちゃんのデビュー25周年を記念したアルバムだと言う事で、「music&me」に参加した様々なミュージシャンがゲストで登場すると言う、とてもスペシャルなライヴを見る事が出来た。

知世ちゃんやバンドの皆さんの演奏はもちろんだけれど、このゲストの人たちとの共演が素晴らしく良くて。
中でも自分の心に一番響いたのは、大貫妙子。
「music&me」の中で、大貫さんの「色彩都市」をカバーしていて、今回はそれを1コーラス目を知世ちゃん、2コーラス目を大貫さんが歌うと言う形で歌ったのだけれど、なんだかこれを聴きながら自然と涙出てきてしまった。
大貫さんの歌も素晴らしく良かったし、知世ちゃんのボーカルとの相性も良かった。
でも、なんだかそんな事とは関係なく、自分の心の根幹を揺さぶられたような気持ちになってしまったらしい。
このコラボレーションを生で体験できただけでも、今回のコンサートに行った甲斐はあった。
その次に歌った「彼と彼女のソネット」も、もちろん素晴らしかった。

そして、今回のコンサートは1部と2部に分かれていて、その2部が始まったらドラマーが違う人になっているな、と思ったら高橋幸宏が叩いていた。
これが、もの凄くカッコ良くてねぇ。
曲は「music&me」収録のバート・バカラックのカバー「Are You There?」だったのだけれど、打ち込みのドラムだったアルバムとは違い、パワフルなドラムを叩くユキヒロを間近で見られるとは。
本当に、数々のオカズが無茶苦茶カッコ良かったよ。
歌ってる知世ちゃんそっちのけでドラムばかり見てしまった。

特に自分の心をとらえたゲストはその二人だったが、その他のゲストたちも素晴らしく良かったな。
個人的には、シンガーとしてのオニキユウジをもう少し聴いてみようかな、と言う気になった。
あと、キセルの曲では、知世ちゃんのコーラスの良さが光ってたな。

そして、自分的にはどのくらい感謝していいのかわからない鈴木慶一。
何となく流し読みしていた慶一さんの日記で「3月1日の原田知世さんのライヴ」と言う一文を見つけたのが、今回のコンサートに駆けつけた直接のきっかけ。
2月のライヴはソールドアウトと言う事で涙をのんでいた所で、フト目にした慶一さんの日記でそんな一文を見つけて今日行けたのだから、偶然と言うのはなかなか侮れない。
しかも、こんなにも心が満たされたのだから、慶一さんがあの一文を書いてなかったらと思うと、感謝せずにはいられない。

慶一さんとのトークで興味深かったのは、プロデュースをするにあたって、歌詞に使う言葉を選択しようと言う事で、ランダムに言葉を並べて、知世ちゃんの好き/嫌いを聴いて行ったと言う事。
これって、作業的には結構単純だけれど、その人の個性や感性を知るには、非常に役立つんじゃないかな。
最近「言葉」って言うのは昔ほど意識しなくなってしまっているけれど、やっぱり歌で聴いて「好きな言葉」と「嫌いな言葉」ってあるからなぁ。
あんまり意識してなかったけれど、結構自分の中ではポイントとなる会話だった。

そして、アンコールでは、この大貫・鈴木・高橋の3人と原田知世ツアーバンド皆でコラボレーション。
なんでも、大貫さん、慶一さん、ユキヒロが一緒にコラボするのは初めてだったそうで、自分は貴重な場を目の当たりにしてるんだなぁと言う実感もあった。
歌ったのは「ムーンリバー」だったが、それぞれのシンガーが、それぞれの味を出しながら、バックのストリングス・セクションが全体を包み込むように音を出していて、本当にいい雰囲気だった。

数々のゲストとのコラボレーションも良かったが、もちろんゲスト抜きの歌も素晴らしかった。
「music&me」の中で「きみとぼく」と言う曲が一番好きで、その歌詞にも何となく思い入れも出てきていたのだが、この曲が2曲目で良かった。
ラスト近くに「この広い世界で巡り会ったのは運命」「偶然なんてない、すべてが必然」と言うような歌詞のこの曲が歌われていたら、今日自分がここに居る事と重ね合わせて、涙せずにはいられなかったかもしれない。

今回、アコースティック楽器が中心だった事もあり、ありきたりな言い方だけれども、「暖かみのあるサウンド」を堪能できたのは大きかったかも。
アンサンブルも凄く良かったし、抽象的な表現だけれど、柔らかく暖かいサウンドが自分の周りを包み込んでくれるような(?)、とても心地よい空間だった。

ゲストについてばかり書いているけれど、ゲスト以外のサポートミュージシャンも素晴らしく良かった。
やはり、アルバムのプロデューサーでありギターで参加の伊藤ゴローのギターは良かったな。
特にアンコールでの「時をかける少女」のボサノヴァバージョンでのギターなど、ボッサギターの魅力を存分に発揮してたと思うし。
それから、ベースで参加してたのはリトルクリーチャーズの鈴木正人。
最初気づかなかったけれど、メンバー紹介で前に出てきて「あれ?」って思った。

あと、やはりストリングス・セクションが入ってたのは良かったなぁ。
バイオリン、チェロ、ハープと言う編成だったが(ハープはストリングスではないか)、今回の演奏の「色」を決めてたのは、この弦楽器だったような気がした。
やっぱりアコースティック楽器の響きは良いなぁ、と実感した感じでしたね。

それから、なんと言っても間近で見た知世ちゃんは知世ちゃんだった、ってこと。
最初の頃は、結構気を張っていたのか、CMなどで見せている雰囲気とは少し違うかな?と言う感じだったけれど、大貫さんとのトークなどで見せていた少しはにかんだ笑顔などを見ると、「あ、オレのイメージする知世ちゃんだ」と言う感じで、何となく安心した。
大貫さんが、最初に出会った16歳の頃から変わってない、なんて言ってたけれど、ある部分では本当にそうなんだろうな、と感じさせる部分は多々あった。

あと、ユキヒロとのコラボレーションの時に発表があったのだけれども、知世ちゃんとユキヒロを中心にしたバンドを組んで、現在レコーディング中、との事。
バンドのメンバーは、その二人の他には、高野寛や高田漣、堀江博久、他数名(忘れた…(泣))との事。
今日の話では、どんなタイプの音楽なのかわからなかったけれども、メンバー全員がボーカルを取れるグループだから、と言う話はしていた。
まぁ、これは追々わかってくるだろう。

それから、何となく聴きたくなるかなと思って、iPodに「music&me」とか慶一さんプロデュースものとかの原田知世音源を入れていたのだが、その他にも「シングルコレクション」と言う初期のシングル集も入れておいた。
帰りの電車で、その中から「時をかける少女」(83年のオリジナルバージョン)を聴いたら、なんだかもの凄くこみ上げてくるものがあった。
「music&me」に収録の「時をかける少女」(ボサノヴァバージョン)を聴いた時に、その中に流れた時間と「時間を経ても変わらないもの」を感じたが、今回はオリジナルを聴く事で、その中に流れた時間と、25年前からずっと繋がっている「原田知世」と言う人を感じたのかもしれない。
まぁ、あの時にこみ上げてきた感覚は、なかなか言葉にはできないものがあったけど。

それから、今日はNHKのステッカーが貼ってあるカメラが入っていたり、クレーンを使っての撮影もあったので、その内BS-hiとかBS-2とかでオンエアがあるのかな?
今回のライヴは、是非とも多くの人に見てもらいたいので、見られる機会があったら、見てもらいたい。

やっぱり「歌」で色々なものを伝える事が出来る人は、「歌」をやめちゃいけないよな。
5年ぶりに歌手活動を再開した、と言っていたけれど、原田知世と言う人は、まだまだ「歌」で表現するべき事がある人のように思う。

それにしても、今日の体験は自分の中では「充実」なんて言葉じゃ言い表せないくらいに、素晴らしいものだった。
なんだか、上手く表現できないけれど、音楽に対する愛情と、音楽から伝わるパワーと、色々なものをステージからもらったような気がする。



【セットリスト】
01. Curel Park
02. きみとぼく
03. Tell Me Why
04. Wonderful Life(w/オニキユウジ)
05. I Will(w/キセル)
06. ベガ(キセル)
07. 菩提樹の家(w/鈴木慶一)
08. 空と糸(w/鈴木慶一)
09. Love and Hate(鈴木慶一)

- 休憩 -

10. Are You There?(w/高橋幸宏)
11. Cue(高橋幸宏)
12. By This River
13. Aie(w/高木正勝)
14. シンシア
15. 色彩都市(w/大貫妙子)
16. 彼と彼女のソネット(w/大貫妙子)
17. ロマンス
18. ノスタルジア


EN1. くちなしの丘(w/キセル)
EN2. Moon River(w/大貫妙子、鈴木慶一、高橋幸宏)

EN3. 時をかける少女
posted by あれ at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ライヴ/コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/100484915

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。