2008年07月12日

山下達郎「BIG WAVE」

山下達郎「Big Wave」.jpgこのところ暑い日が続きますが、そんな「夏」に聞きたくなる、自分の定番アルバムを紹介しましょう。
山下達郎が、サーフィン映画のサウンド・トラックとして製作したアルバム「BIG WAVE」。84年発表の作品。

映画のサントラと言うよりも、「海」をテーマにしたコンピレーションと言った趣きのあるアルバム。
アナログ盤ではA面であった部分(01〜06)が達郎のオリジナル曲で、B面であった部分(07〜12)はビーチボーイズ関連のカバー曲という構成。

オリジナル曲も、もちろん良いのですが、ビーチボーイズ好きの自分にとっては、後半の曲たちも聞き逃せない曲ばかり。
07「Girls On The Beach」は、ビーチボーイズのオリジナルに迫らんとする達郎の多重コーラスが、本当に活き活きとしている。
08「Please Let Me Wonder」は、自分的にはベストなカバー。
元々「Please〜」と言う曲が大好きだと言うのもあるけれど、達郎の声がハマっているし、深いエコー感に支えられたアレンジが、個人的に非常に心地いい。
10「Guess I'm Dumb」は、ビーチボーイズのリーダー、ブライアン・ウィルソンが、グレン・キャンベルに提供した曲のカバー。
ブライアン・ウィルソンの提供曲の中でも、自分の中では1、2を争う名曲かと。
達郎さんと同じくブライアン・マニアのルイ・フィリップもカバーしてましたね。
11「This Could Be The Night」は、MFQ(モダン・フォーク・カルテット)のカバー。
フィル・スペクターが手がけたオリジナルも、かなりドリーミーなサウンドを聞かせてくれるのだけれど、達郎のバージョンは、それに輪をかけてドリーミー。
ちなみに、この曲は、アルバム「GO AHEAD!」に収録されているけれども、「GO AHEAD!」のバージョンよりもエコー感が増していて、ギターソロをサックスソロに変更しているなど、細部の違いがある(個人的には「BIG WAVE」の方が好き)。

このアルバムのクレジットを見ると、ビーチボーイズのウィルソン兄弟の次男、デニス・ウィルソンに捧げられている。
このアルバムがリリースされる前年に、デニスが水難事故で死去したこともあり、自他ともに認めるビーチボーイズ・フリークである達郎が、サーフィン映画のサウンドトラックを、ビーチボーイズ唯一のサーファーであったデニスに対して捧げると言うのも、自然な流れだったのだろう。
(余談ですが、デニスに関しては、最近唯一のソロアルバム「Pacific Ocean Blue」がデラックスエディションで再発されました)

と、B面部分だけ書いてたら長くなってしまったんで、A面のオリジナル曲に関しては、また今度(と言っていつになるかわからない自分……)。


【収録曲】
01. THE THEME FROM BIG WAVE
02. JODY
03. ONLY WITH YOU
04. MAGIC WAYS
05. YOUR EYES
06. I LOVE YOU Part 2
07. GIRLS ON THE BEACH
08. PLEASE LET ME WONDER
09. DARLIN'
10. GUESS I'M DUMB
11. THIS COULD BE THE NIGHT
12. I LOVE YOU Part 1
posted by あれ at 00:33| Comment(3) | TrackBack(0) | ジャパニーズポップ 80's | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。