2008年06月21日

Scudelia Electro「Summer Rain」

Scudelia Electro「Summer Rain」.jpg何となく夏っぽい曲が聞きたなくなって、CD棚の中を色々と探っていたりする今日このごろ。
そんな風にして久しぶりに引っ張りだしてきた曲の一つ、スクーデリア・エレクトロの6thシングル「サマーレイン」。
99年リリースという事は、もう10年近く経つのか。時が経つのは早いもんですね。

このスクーデリア・エレクトロは、スパイラル・ライフ解散後、ギター&ボーカルの石田小吉(現・石田ショーキチ)が、レコーディング・エンジニアの寺田康彦と、キーボードディストの吉澤瑛師と共に組んだグループ。
自分はスパイラル・ライフ時代から、ソングライターとしてのショーキチが好きで、このグループもよく聞いてました。

この「サマーレイン」は、シャッフル・ビートが心地よい、爽やかなポップナンバー。
一部で、ナイアガラ・サウンドを彷彿とさせるという評価も読んだ事があるけれど、なるほどそう言う評価もうなづける雰囲気も持っているかもしれない(とは言っても、それほどナイアガラではないけれど)。
あと、イントロのピアノのフレーズは、ビートルズの「Good Day Sunshine」からの引用だと、リリース当時には一部で言われた事もありました。
ちなみに、ゲスト・ミュージシャンとして、向山テツ(Dr)、湯川トーベン(B)が参加。

この石田ショーキチという人は、メロウなメロディーを書くと思えば、一転してゴリゴリにハードな音作りもする人間で、その振り幅が面白いといえば面白いのだけれど、自分は断然前者の方を支持。
スパイラル・ライフの時代から、彼のメロディーメーカーとしてのセンスは、とても気に入っている。

カップリングの02「FADE」は、比較的オーソドックスなロック・ナンバー。
こう言っては何だが、悪い曲ではないけれど、いかにもカップリング曲というような雰囲気も感じなくもない曲。
自分は嫌いではないですけど。

この「サマーレイン」は、スクーデリア・エレクトロの4th「Flamingo」にも収録されているけれど、このジャケットが結構好きなのでシングルで紹介してみた。
PVも、なかなか爽やかな雰囲気で(出演している女の子のせいかもしれないが)、結構好きです。
自分の中では、今みたいな時期の定番ナンバーなのかな。


【収録曲】
01. サマーレイン
02. Fade


♪Scudelia Electro「Summer Rain」

posted by あれ at 14:10| Comment(1) | TrackBack(0) | ジャパニーズポップ 90's | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月16日

原田知世「パヴァーヌ」

原田知世「パヴァーヌ」.jpg昨日の夜、NHK BS2でガーデンホールでのライヴが放送された原田知世。
このライヴは自分も見に行ったが、そのオンエアに刺激を受けて、先日の「夢で逢えたら」に引き続き、原田知世ネタで。

今回紹介するのは、85年にリリースされたアルバム「パヴァーヌ」。
このアルバムに流れているエレガントな雰囲気は、現在の知世ちゃんの音楽にも通じる部分もあるのかな?という気もして、80年代の知世ちゃんのアルバムの中では、一番繰り返し聞いている1枚。

アナログでA面にあたる部分(1〜6)は「Water Side」と題されていて、萩田光雄がアレンジを担当し、B面にあたる部分(7〜11)は「Light Side」と題されて、井上鑑がアレンジを担当。
どことなくヨーロピアンな雰囲気が漂い、落ち着いた曲調が並んでいるA面と、比較的ポップな曲が並ぶB面。
こういうA面、B面で雰囲気を変えると言うのは、アナログ盤ならではの発想ですね。

作家陣も豪華で、先日のライヴやアルバムでもコラボレートした大貫妙子を始め、加藤和彦、山川恵津子、伊藤銀次、かしぶち哲郎、岸正之、REIMY、大沢誉志幸などなど。
参加ミュージシャンは、松原正樹(G)、鳥山雄司(G)、今剛(G)、高水健司(B)、岡沢章(B)、大谷和夫(Key)、浜口茂外也(Per)、斉藤ノブ(Per)などなど名うてのミュージシャンが多数参加。

「Water Side」での自分的なハイライトは、大貫妙子が作詞作曲した04「紅茶派」。
いかにも大貫さんと言う感じの曲調で、大貫さんが好きな人にもスンナリ受け入れられるのではないかな?
メロディーはもちろん、ストリングスのアレンジも素晴らしい。
この曲は、後に原田知世の代表曲の一つになる「彼と彼女のソネット」にも通じる雰囲気かもしれない。

05「早春物語」は、映画の主題歌にもなったので知ってる人は多いのでは?
シングルのアレンジは大村雅朗だったけれど、ここでは萩田光雄がアルバム用にリアレンジしたバージョン。
シングルの雰囲気は残しながらも、ストリングスを全面にフィーチャーして、より深みを増したアレンジかと。

06「夢七曜」は、原田知世作詞、水越恵子作曲の曲で、AOR風のアレンジが耳をひく1曲。
改めて聞き直したけれど、この曲、ホント好きだなぁ。
ほかにも、山川恵津子作曲の01「水枕羽枕」、かしぶち哲郎作曲の02「羊草食べながら」なども落ち着いたナンバー。
03「姫魔性」などを聞いてもわかるけれど、この「Water Side」は、萩田光雄のアレンジするストリングス・セクションの印象が強い曲が多く、そこら辺がヨーロピアンな色を感じる部分かと。

ヨーロピアンなA面に続いて、ポップなB面「Light Side」。
こちらの個人的なハイライトは、伊藤銀次が作曲した08「HELP ME LINDA」。
ビーチボーイズの「HELP ME ROHNDA」からタイトルを引用したと思われるけれど、かと言ってビーチボーイズ風の曲ではなく、伊藤銀次ならではのメロディのポップさが耳をひく1曲。
拙い英語で一生懸命歌っている知世ちゃんも微笑ましいけれど、「Baby Blue」などの初期の伊藤銀次が好きな人には、是非とも聞いてもらいたい感じ。

加藤和彦作曲の07「カトレア・ホテルは雨でした」は、少しオリエンタルなメロディが顔をのぞかせるポップソング。
他には、岸正之作曲の09「いちばん悲しい物語」、REIMY作曲の10「ハンカチとサングラス」の2曲は、ミディアムテンポで落ち着いた曲で、大沢誉志幸作曲の11「続けて」は、このアルバムでは異色のファンクな味付けがしてある1曲。

80年代中盤にリリースされたアルバムだけれども、いわゆる80年代的なアイドルポップとは一線を画したアルバムで(特にアナログA面の「Water Side」)、後の音楽活動への萌芽を感じる1枚かな?
改めてアルバム通して聞き直して思ったけれど、やっぱりこれは名盤だな。



【収録曲】
01. 水枕羽枕
02. 羊草食べながら
03. 姫魔性
04. 紅茶派
05. 早春物語
06. 夢七曜
07. カトレア・ホテルは雨でした
08. HELP ME LINDA
09. いちばん悲しい物語
10. ハンカチとサングラス
11. 続けて
posted by あれ at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャパニーズポップ 80's | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月14日

DEEN & 原田知世「夢で逢えたら」

DEEN with 原田知世「夢で逢えたら」.jpeg結構前から探していて、最近ようやく見つけたシングル、DEEN & 原田知世の「夢で逢えたら」。
言うまでもなく、オリジナルは吉田美奈子の「FLAPPAER」収録の曲で、作詞作曲は大瀧詠一。
原田知世ファンとしても、「夢で逢えたら」ファンとしても、嬉しいコラボレーションと言える1枚。

この曲は、元々DEENの邦楽カバーアルバム「和音 Songs for Children」に収録された曲で、そこからのシングルカットと言う形でシングルになったらしい。
シングルになった際に、ミキシングをやりなおして、エンジニアに迎えたのが吉田保だったと言う気の入れよう。
その甲斐もあってか、ナイアガラ・サウンドを踏襲する仕上がりになっていて、なかなか聞き応えがある1曲。

アレンジは、ナイアガラ・サウンドへのオマージュというか、深めのエコーを聞かせた雰囲気で、フルートやストリングス、そしてティンパニの音など、なるほどナイアガラっぽい。
そんな風にナイアガラな雰囲気を踏襲しつつも、ボサノヴァ的なテイストのギターを入れたりして、DEENのカバー独自の味も加えていて、なかなか名カバーに仕上がっているのではないかな?
ボーカルを聞いても、原田知世とDEENの池森秀一の声の相性もピッタリで、曲の雰囲気を阻害する事無く、非常にイイ感じ。

カップリングの03「夢で逢えたら afternoon cafe style」は、ギターとパーッカッションを中心にしたボサノヴァ・カバーになっていて、これがなかなかイイ。
以前にゴンチチがプロデュースした「Summer Breeze」という原田知世のアルバムを紹介した事があったけれど、知世ちゃんのボーカルって、ボサノヴァと相性がいいのかな?
このバージョンも聞いていて、単純に心地いい。

同じくカップリングの02「the end of the world」は、原田知世が「カコ」と言うアルバムでもカバーしていたポップスのスタンダードナンバー。
「カコ」のバージョンは、鈴木慶一のアレンジだったけれども、ここではDEENのアレンジで、「カコ」とは違った雰囲気の仕上がり。
サビの部分のコーラスの重ね具合は、聞いているだけでもなかなか心地よい感じ。

このシングル、カバー曲で構成された小品と言う感じだけれども、とても雰囲気が良いので、世のポップスファンには是非とも聞いてもらいたい1枚。


【収録曲】
01. 夢で逢えたら
02. the end of the world
03. 夢で逢えたら afternoon cafe style
04. 夢で逢えたら(for female)
05. 夢で逢えたら(for male)
06. 夢で逢えたら(for lovers)

posted by あれ at 03:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャパニーズポップ 00〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。