2006年11月09日

五島良子「The Musical Chimes」

五島良子「Musical Chimes」五島良子が97年にリリースしたアルバム「The Musical Chimes」。
以前に「Decade To Date」を紹介したけれども、このアルバムも「Decade To Date」と同じようなジャパニーズ・フリーソウルと呼べそうな路線のアルバム。
アレンジには、五島本人の他に青山陽一と森田浩司が参加している。

このアルバムのハイライトは、何と言ってもオープニングを飾る01「Swingin' the Swing」だろう。
ファンキー&ソウルフルなナンバーで、ワウを効かせたギターとフェンダー・ローズの音色が、70年代ニューソウル的なフィーリングを感じさせてくれる1曲。
そう言うアレンジにも関わらず、メロディーのポップさのおかげで、重たくならずにファンキーでありポップである曲に仕上げているのが、個人的には非常に好感が持てる所。
某ガイド本でも、この曲をフィチャーしたレビューが書かれていたのも納得できる。

その01「Swing〜」と対をなしそうなのが08「声-Voice-」。
フェンダー・ローズの音色が印象的なメロウ・グルーヴな曲で、爽やかなメロディーながらもグルーヴ感溢れるバッキングは、非常に心地いい。
こういう曲でのゴシちゃんのボーカルは、とても魅力的だと思う。

そして、バラード・ナンバー09「Blue Bird」も、聞き所の一つ。
フェンダー・ローズがバッキングの中心で、そこに4リズムとストリングスが重なり合って、優しげなメロディーを盛り上げる。
アルバムのラストを飾るにふさわしい曲と言えるナンバー。

02「裸身で踊る」は、アコギのカッティングがグルーヴィーでカッコイイ1曲。
03「Pickly Pears」は、ワウをかけたギターと重ためなベースラインが独特なグルーヴを作り出している曲。
05「First Light」は、ローズの音色が印象的なメロウ・グルーヴなナンバー。
この曲のちょっとゴシちゃんの唄い方は、ちょっと粘り気が強い気はするけれども。
06「Setting out the Bright Journey to Another Wishful Star, Today」は、青山陽一がアレンジ&ギターで参加。
ソウルフルな雰囲気はきちんと残しながらも、他の曲に比べてポップなアプローチ。
07「ベッド」も青山陽一がアレンジ&ギターで参加。
アコースティックギターが中心のバッキングで、アコースティック・ソウルとでも呼べそうな雰囲気の1曲。

レビューを書くにあたって、改めてこのアルバムを紐解いてみたけれども、この時期の五島良子に対して、ミニー・リパートンの名前が引き合いに出されるのも分かる気がする。
実際に「Lovin' You」をカバーしていたり、高いオクターヴを誇るボーカルも共通点の一つだろうけれども、そのサウンドのアプローチにも近いものを感じる。
そんな感じで、70年代のソウルが好きな人なら、多分気に入るであろう1枚。


【収録曲】
01. Swingin' The Swing
02. 裸足で跳ねる
03. Picky Pears
04. Short Cut
05. First Light
06. Setting out the Bright Journey to Another Wishful Star, Today
07. ベッド
08. 声 -Voice
09. Blue Bird


posted by あれ at 02:21| Comment(2) | TrackBack(0) | ジャパニーズポップ 90's | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。