2006年11月09日

五島良子「The Musical Chimes」

五島良子「Musical Chimes」五島良子が97年にリリースしたアルバム「The Musical Chimes」。
以前に「Decade To Date」を紹介したけれども、このアルバムも「Decade To Date」と同じようなジャパニーズ・フリーソウルと呼べそうな路線のアルバム。
アレンジには、五島本人の他に青山陽一と森田浩司が参加している。

このアルバムのハイライトは、何と言ってもオープニングを飾る01「Swingin' the Swing」だろう。
ファンキー&ソウルフルなナンバーで、ワウを効かせたギターとフェンダー・ローズの音色が、70年代ニューソウル的なフィーリングを感じさせてくれる1曲。
そう言うアレンジにも関わらず、メロディーのポップさのおかげで、重たくならずにファンキーでありポップである曲に仕上げているのが、個人的には非常に好感が持てる所。
某ガイド本でも、この曲をフィチャーしたレビューが書かれていたのも納得できる。

その01「Swing〜」と対をなしそうなのが08「声-Voice-」。
フェンダー・ローズの音色が印象的なメロウ・グルーヴな曲で、爽やかなメロディーながらもグルーヴ感溢れるバッキングは、非常に心地いい。
こういう曲でのゴシちゃんのボーカルは、とても魅力的だと思う。

そして、バラード・ナンバー09「Blue Bird」も、聞き所の一つ。
フェンダー・ローズがバッキングの中心で、そこに4リズムとストリングスが重なり合って、優しげなメロディーを盛り上げる。
アルバムのラストを飾るにふさわしい曲と言えるナンバー。

02「裸身で踊る」は、アコギのカッティングがグルーヴィーでカッコイイ1曲。
03「Pickly Pears」は、ワウをかけたギターと重ためなベースラインが独特なグルーヴを作り出している曲。
05「First Light」は、ローズの音色が印象的なメロウ・グルーヴなナンバー。
この曲のちょっとゴシちゃんの唄い方は、ちょっと粘り気が強い気はするけれども。
06「Setting out the Bright Journey to Another Wishful Star, Today」は、青山陽一がアレンジ&ギターで参加。
ソウルフルな雰囲気はきちんと残しながらも、他の曲に比べてポップなアプローチ。
07「ベッド」も青山陽一がアレンジ&ギターで参加。
アコースティックギターが中心のバッキングで、アコースティック・ソウルとでも呼べそうな雰囲気の1曲。

レビューを書くにあたって、改めてこのアルバムを紐解いてみたけれども、この時期の五島良子に対して、ミニー・リパートンの名前が引き合いに出されるのも分かる気がする。
実際に「Lovin' You」をカバーしていたり、高いオクターヴを誇るボーカルも共通点の一つだろうけれども、そのサウンドのアプローチにも近いものを感じる。
そんな感じで、70年代のソウルが好きな人なら、多分気に入るであろう1枚。


【収録曲】
01. Swingin' The Swing
02. 裸足で跳ねる
03. Picky Pears
04. Short Cut
05. First Light
06. Setting out the Bright Journey to Another Wishful Star, Today
07. ベッド
08. 声 -Voice
09. Blue Bird
posted by あれ at 02:21| Comment(2) | TrackBack(0) | ジャパニーズポップ 90's | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月04日

飯島真理「Miss Lemon」

飯島真理「Miss Lemon」87年リリースの飯島真理6枚目のアルバム「Miss Lemon」。
「ポップなアルバムって、こういうアルバムのことを言うんだろうな」というのが、このアルバムを初めて聞いた時の正直な印象。
セルフプロデュースだった前作「Coquettish Blue」を経て、活動の拠点をL.A.に移した1作目。
アレンジャーとしてジェームス・スチューダーを迎えた1作目でもあります。

改めて聞き直してみて思ったが、このアルバムは、オープニングのポップナンバー3連発が本当に素晴らしい。
01「ガラスのダーリン」は、L.A.でのレコーディングの雰囲気をそのままに、ウェストコーストなサウンド作りのポップナンバー。
02「鏡よ、鏡!」は、モータウンビートを取り入れたナンバー。
シュープリームスの「恋はあせらず」ビートって、不思議と駄曲が少ないように思うのだけれど、この曲もその例にもれず極上のポップサウンドを聞かせてくれる。
03「9月の雨の匂い」は、シンセ・ベースの音色を上手く活かしたダンサブルでポップなナンバー。
このアルバムの中では、個人的に一番好きな曲で、単純に聞いていて気持ちいい。

最初の3曲が思いっきりポップな展開をすれば、続く3曲はAOR風。
04「ミッドナイト・コール」は、エレピをバッキングの中心にした落ち着いた雰囲気のナンバー。
ギターにデヴィッド・T・ウォーカーが参加しているのも、一つの聞き所かも。
05「冷たい雨」は、TOTOあたりにも通じるかな?と言う雰囲気の曲。
06「プラットホーム」は、スラップベースを取り入れたAOR風の曲で、曲中のサックスはケニーGっぽく感じなくもない。このAOR風の3曲の中では、一番好きかな。

07「気まぐれウィークデイズ」は、明るく元気なポップナンバー。
アレンジは、ジェームス・スチューダーだが、清水信之あたりが得意としてそうなポップな雰囲気。
08「パリからのエアメール」は、飯島真理自らの弾くピアノとストリングスをバックにした静かな曲。
ギターに、デヴィッド・T・ウォーカーとクレジットされてるが、この曲ギター入ってる?
09「ロンリーガール」は、マイナー調のアップテンポなナンバー。個人的にはイマイチな印象。
10「I LOVE YOU」は、英詞で唄われる1曲で、ピアノをバッキングにしたしっとりした曲。
アルバムのエンディングを飾るのにふさわしい曲と言えるかも。

全曲のアレンジを手がけているジェームス・スチューダーの色が出たアルバムといえるのかもしれないが、飯島真理の書くメロディーとの相性は抜群だったといえるのかもしれない。
初期の坂本龍一や吉田美奈子がプロデュースを手がけた作品も好きだけれど、個人的によく聞くのはジェームス・スチューダーと組んでた時期のアルバム。
やっぱり、この頃の飯島真理は、公私ともに充実していた時期だったんだろうなぁ、と改めて実感。


【収録曲】
01. ガラスのダーリン
02. 鏡よ、鏡!(I wanna marry you)
03. 9月の雨の匂い
04. ミッドナイト・コール
05. 冷たい雨
06. プラットホーム
07. 気まぐれウィークデイズ
08. パリからのエアメール
09. ロンリー・ガール
10. I LOVE YOU
posted by あれ at 03:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャパニーズポップ 80's | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。