2006年08月16日

ラッツ&スター「SOUL VACATION」

ラッツ&スター「SOUL VACATION」シャネルズからラッツ&スターに改名してからの1作目、1983年発表の「SOUL VACATION」(通算7作目)。
プロデュースは、アマチュア時代から、彼らに対して密かに目をかけていたと言う、大瀧詠一。
そしてジャケットは、言うまでもなくアンディ・ウォーホルの作。個人的には、なかなか好きなジャケであります。

ラッツ&スターらしいソウルフルでポップな曲に溢れたアルバムだけれども、自分的なベストトラックは、08「真夜中のダイアモンド」。
この曲は、井上大輔の作・編曲で、夏の夕暮れに似合いそうな雰囲気のメロウチューン。
彼らの代表作「ランナウェイ」も井上大輔の曲であるように、井上とラッツの相性は、かなり良いのかもしれない。
ナイアガラ・サウンドを意識してなのかどうかは分からないけれど、深めのエコーが涼しげで哀愁のあるメロディーにマッチしている。
そして、鈴木雅之のボーカルは、この手の曲だと映えるのを改めて実感。

大瀧詠一が提供したのは、先行シングルとなった07「Tシャツに口紅」と06「星空のサーカス」の2曲。作詞はどちらも松本隆。
07「Tシャツに口紅」は、「A LONG VACATION」的な落ち着きのあるリゾートサウンドな仕上がり。
井上鑑によるアレンジが、「ロンバケ」風のメロディーを更にもり立てる。
06「星空のサーカス」は、軽やかなポップソング。
ボーカルのアレンジが、いかにも大瀧詠一が好みそうな感じで、所々「ロンバケ」風のメロディーが顔を出す。
アレンジが黒人コーラスグループを意識した雰囲気になっているので、曲としては「ロンバケ」風ではないけれども。

オープニングの01「We are RATS & SATR」は、オーヴァーチュア的な小品。
アカペラの作品で、ドゥーワップグループとしてのラッツを堪能できる。
02「楽しき街角」は、ポップなメロディーに、軽やかなコーラス、明るいアレンジが聞いていて楽しい。
ブルース・ブラザーズのテーマを思い起こさずにいられないイントロは、村松邦男によるアレンジ。
03「今夜はフィジカル」は、井上大輔の作・編曲で、メロディーラインは、ラッツ&スターのヒット曲「め組の人」に通じる雰囲気を感じる。
ちなみに「め組の人」も井上大輔の作曲。
04「裏切りの都会」は、マイナーメロディのロック調の曲。
いかにも80年代中盤的なサウンドで、アレンジは村松邦男。
05「One Dream Night」のメインボーカルは、田代マサシ。
ちょっとボーカルが弱い気はするけれども、AOR風の曲としては、なかなか良いのでは。
09「女って…」は、サム&デイヴやモータウンの諸作品などのソウルミュージックからの影響を強く感じる曲。
10「月にはせる想い (Warping the Moon)」は、チョッパーベースを多用したファンク・ナンバー。だけれども、パンチは少し弱いかも。
11「MISS YOU」は、三連系のソウル・バラード。
こういう曲での鈴木雅之のボーカルは、やっぱり魅力的。
そして、桑野のトランペットソロも、哀愁が溢れていて、なかなか泣ける。

鈴木雅之のソロも、それはそれで好きではあるのだけれど、やっぱり男性コーラスを活かした曲の多いラッツ&スター(シャネルズ)の方が、個人的には好み。
マーチンのソロではあまり聞かれない、明るくて楽しげな雰囲気の曲や、60'sのソウル直系の曲があったりして、楽しめる曲が多いからかな。


【収録曲】
01. We are RATS&STAR
02. 楽しき街角
03. 今夜はフィジカル
04. 裏切りの都会
05. One Dream Night
06. 星空のサーカス
07. Tシャツに口紅
08. 真夜中のダイヤモンド
09. 女って…
10. 月にはせる想い (Warping the Moon)
11. Miss You
posted by あれ at 01:17| Comment(4) | TrackBack(0) | ジャパニーズポップ 80's | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。