2006年07月24日

林哲司「NINE STORIES」

林哲司「NINE STORIES」.jpg86年発表の林哲司のソロ4枚目のアルバム。
この時期の林哲司と言えば、杉山清貴&オメガトライブや菊池桃子などを手がけ、ソングライター、アレンジャーとしてノリにノっていた時期。
そんな充実っぷりが、このアルバムにも反映されているのか、非常に聞き応えのある1枚。
林哲司と康珍化との共同プロデュースで、全ての曲の作曲・アレンジは、林哲司自らが手がけている。

このアルバムのハイライトは、オープニングを飾る01「悲しみがいっぱい」だろう。
上田正樹「悲しい色やね」杏里「悲しみが止まらない」に続く、林哲司の「悲しみ三部作」の最終章。
いかにも当時の林哲司らしいサウンド・プロダクションで、切なくもメロウなメロディーが、ファンにはたまらないであろう1曲。
よく林哲司のボーカルは、線が細いと評されるけれども、逆にそう言ったボーカルが、この曲の切なさを更に引き立てているように感じるのだけれど、どうだろう?

その他の曲も、佳曲ぞろい。
02「左胸の星座」は、オメガトライブ風のアーバン・ビートな1曲。
シンセベースの音色が時代を感じさせるけれど、それもまた一つの味。
03「寒い国から来たサーファー」は、ゆったりしたビートの西海岸風のAORナンバー。
自分としては、林哲司のメロディーメーカーぶりは、こういうタイプのメロウなナンバーで発揮されると思っている。
04「TOUCH ME」は、エレピの音色が印象的なバラード・ナンバーで、和製デヴィッド・フォスターの面目躍如と言う雰囲気。
05「僕もその映画を見たよ」は、軽快なシャッフルビートの曲で、林のポップサイドが顕著に現れた曲。
06「3人のテーブル」は、メロウなAORナンバー。04「TOUCH ME」とは、また違った雰囲気で、メロディーメーカー林哲司が堪能できる。
07「愁いを含んでほのかに甘く」は、このアルバムの中では、歌謡曲的なテイストが一番強い曲かな。
08「雨のハイウェイ」も、02「左胸の星座」と同じく、オメガトライブ風のテイストが漂うマイナーチューン。こういう曲だと、ボーカルの細さは弱点かもしれないな…。
09「君の理由」は、自分の印象としては、少々中途半端な感じがする1曲。アルバムのラストにしては、ちょっと地味過ぎる気もするが…。

80年代の中期にリリースされているだけあって、オメガトライブや菊池桃子などに代表される「林哲司サウンド」を十二分に堪能できるアルバム。
自分の印象としては、突出した名盤と言う雰囲気ではないけれど、飽きのこないアルバムかな、と言う感じ。
それも、01「悲しみがいっぱい」と言う名曲が入っているからかもしれませんが。

今では、ボーナストラックが加わった15曲入りのCDが再発されてるようなので、そちらをチェックしてみてはいかがでしょう?


【収録曲】
01. 悲しみがいっぱい
02. 左胸の星座
03. 寒い国から来たサーファー
04. TOUCH ME
05. 僕もその映画を見たよ
06. 3人のテーブル
07. 愁いを含んでほのかに甘く
08. 雨のハイウェイ
09. 君の理由
posted by あれ at 00:11| Comment(5) | TrackBack(0) | ジャパニーズポップ 80's | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。