2006年06月30日

菊池桃子「Ocean Side」

菊池桃子「Ocean Side」この所、30℃近い暑い日が続きますね。
日々、真夏へ近づいているということでしょうが、そんな季節にピッタリの夏っぽいアルバムということで、菊池桃子の1stアルバム「Ocean Side」をご紹介。

このアルバムは、林哲司がサウンドプロデュースを手がけ、シティポップ系のガイド本にも紹介されている1枚。
ガイド本で見た時は、半信半疑だったのだけれど、実際にその音に触れてみて、シティポップとして評価されるのも納得の出来だった。
同時期に林哲司が手がけていた、杉山清貴&オメガトライブに近いサウンド・アプローチで、それがまたファンにはたまらないような気がする。

このアルバム、何と言っても、オープニングを飾る01「Ocean Side」に尽きる。
メロディーが良いのはもちろん、そのサウンド作りが、シティポップそのもの。
ギターのカッティングとチョッパーベースが軽快なリズムを刻み、ブラス・セクションのフレーズがポップで爽やかな印象を残す、林哲司渾身の一作と言えそうなリゾートソング。
CDをプレーヤーにかけて、1曲目にこの曲を耳にして、このアルバムと出会った価値はあったかな、と思わせてくれた。

他には、08「So Many Dreams」も見過ごせない。
ミドルテンポの落ち着いた曲で、01「Ocean Side」が「動」ならば、こちらは「静」のリゾートソングという感じ。
AORとまではいかないなりにも、夕暮れ時が似合いそうな、しっとりして落ち着いた雰囲気の曲。

その他にも、02「SHADOW SURFER」は、アイドルポップ的な軽やかさを持ちつつ、ウェストコースト風のサマーサウンドが心地良い1曲。
続く03「BLIND CURVE」も、オメガトライブ的な音作りが、個人的には気に入っている曲。
07「EVENING BREAK」は、アイドルポップの王道とも言えそうなポップソングだけれど、その爽やかさが魅力と言えば魅力。

クレジットを見ると、松原正樹(G)、今剛(G)、林立夫(Dr)、斎藤ノブ(Per)といったパラシュート陣営が参加してたり、山下達郎バンドでもお馴染みの青山純(Dr)や、村上"ポンタ"秀一(Dr)、吉川忠英(A.G)といった腕利きミュージシャンの名前が見える。
やはり、こう言ったミュージシャンが参加したことで、高いクオリティを獲得して、シティポップとして評価されるようになった原因の一つかもしれない。

林哲司の著書「歌謡曲」の中にも語られていたけれど、菊池桃子がデビューするのにあたって、今までのアイドルの方法論は使わないで音楽を作ろうと言う意図があったと言う。
ジャケットのデザインも、顔のアップのポートレートが主体だった当時のアイドルのアルバムとは一線を画しているのも、そう言った意図の現れだったらしい。

やや歌謡曲寄りの曲も収録されてはいるけれども、タイトルチューンの01「Ocean Side」に出会えただけでも、このアルバムを手に入れて良かったな、と思えたアルバム。
80年代の林哲司のサウンド・プロダクトが好きな人は是非。


【収録曲】
01. Ocean Side
02. Shadow Surfer
03. Blind Curve
04. Summer Eyes
05. Futari No Night Drive
06. Seishun No Ijiwaru
07. Evening Break
08. So Many Dreams
09. I Will


posted by あれ at 00:07| Comment(4) | TrackBack(2) | ジャパニーズポップ 80's | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。