2006年06月18日

原田知世「Summer Breeze」

原田知世「Summer Breeze」ゴンチチのプロデュースによる、原田知世のカヴァーアルバム「Summer Breeze」。2001年発表。
タイトルの「Summer Breeze」が表すように「初夏のそよ風」というような、爽やかな雰囲気を感じるアルバム。

アレンジと演奏にゴンチチが関わっているのもあって、全編アコースティックで、ボサノヴァ・テイスト溢れる作品に仕上がっている。
どの曲も、元のメロディーがいいので、ボサ・アレンジにしても映える曲ばかり。
さらに、原田知世の落ち着いたボーカルが、優しげなメロディーを引き立てている。

最初、キャロル・キングの07「You've Got A Friend」のカバーが収録されているとことで興味を持ったのだけれど、実際にその音に触れてみたら、それ以外の曲も思いのほか良かった。
01「Say You Love Me」から、爽やかなメロディーのボサノヴァ・ナンバー。
ボビー・ヘブの02「Sunny」が、こんなにボサノヴァな曲に生まれかわると言うのは、意外だった。元々、ボサの名曲だったかのような風情を感じてしまう。
ランディー・ヴァンウォーマーの03「Just When I Needed You Most」や、ビージーズの04「How Deep Is Your Love」などは、シンプルな演奏になった分、元曲のメロディーの良さが更に際立っているように思える。

やっぱり、個人的なハイライトは、07「You've Got A Friend」。
ジェイムス・テイラーにしろ、キャロル・キングにしろ、この曲が昔から好きだったというのも大きいとは思うけれど、原田知世のボーカルも、かなりハマっている。
そして、キャロル・キングのメロディーメーカーとしての素晴らしさも改めて再確認したり。

原田知世と言うと、鈴木慶一のプロデュースの三部作や、トーレ・ヨハンソンとのコラボレート作なども有名だけれど、このゴンチチのプロデュースによる小品も、なかなか味わい深い作品で、イイ感じです。


【収録曲】
01. Say You Love Me (Patti Austin)
02. Sunny (Bobby Hebb)
03. Just When I Needed You Most (Randy Van Warmer)
04. How Deep Is Your Love (Bee Gees)
05. If (Bread)
06. Scarborough Fair (Simon & Garfunkel)
07. You've Got A Friend (Carole King)
08. That's The Easy Part (Beth Nielsen Chapman)


posted by あれ at 00:14| Comment(2) | TrackBack(0) | ジャパニーズポップ 00〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。