2006年06月12日

ピチカート・ファイヴ「Bellissima!」

ピチカート・ファイヴ「Bellisima!」初代のボーカリスト、佐々木麻美子が脱退し、オリジナル・ラヴの田島貴男を新たなボーカリストとして迎えて作られたアルバム「Bellissima!」。

今になって改めて聞き直してみると、その音作りや歌詞に、他のピチカートのアルバムには見られない「生真面目さ」を感じる。
そんな雰囲気が、他のアルバムとは違ったエヴァーグリーンな世界を作り出しているのかな、と言う気がしなくもない。
自分としては、信藤三雄のジャケットワークも含めて、ピチカート・ファイヴのアルバムの中では一番好きかな。

何と言っても、01「惑星」〜02「誘惑について」の2曲が自分的にはベストトラック。
田島貴男の書いたこの2曲は、この時期のピチカートでしか見ることの出来ない、メロウでソウルフルな世界観を体感できる。
02「誘惑について」は、「月面軟着陸」のバージョンもなかなか良いが、このオリジナルバージョンは、本当にシビれる1曲。
アーバンなソウル・フレーバー溢れる03「聖三角形」も、ソウルなピチカートを感じることの出来る好ナンバー。
これも田島作曲の曲で、ストリングスがスウィートな雰囲気を盛り上げてくれる。
田島作曲以外で言うと、高浪作曲の07「水泳」は、ブーガルー風のアレンジが、この時代のピチカートならではと言えるかも。
小西作曲の10「神の御業」は、ハープシコードの音色が印象的なバラード。
間奏部分では、ストリングスやコーラスが折り重なって、荘厳な雰囲気を作り上げている1曲。

そして、このアルバムの自分的な "裏" ハイライトは、06「日曜日の印象」。
やさぐれた男の1日を描きながら、イノセンスの喪失をテーマにしているとも受け取れる歌詞は、その後のピチカートからは考えられない曲ではある。
2年ほど前、当時の友人から、歌詞が染みると薦められて聞き直してみたのだけれど、確かにこの歌詞の物悲しい雰囲気には、何とも言えないシンパシーを感じる。
その曲調とともに、歌詞も含めて、なかなか離れられない1曲。

そんな06「日曜日の印象」に顕著だけれど、このアルバムの歌詞は、どうしてここまで喪失感に満ちているのだろうか……。
そういう面も含めて、好きなアルバムではあるのだけれども……。
そう言う反動が、次の「女王陛下のピチカート・ファイヴ」に表れたのだろうか……。


【収録曲】
01. 惑星
02. 誘惑について
03. 聖三角形
04. ワールド・スタンダード
05. カップルズ
06. 日曜日の印象
07. 水泳
08. セヴンティーン
09. これは恋ではない
10. 神の御業


posted by あれ at 01:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャパニーズポップ 80's | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。