2006年06月16日

伊藤銀次「Deadly Drive」

伊藤銀次「Deadly Drive」毎年、この時期になると聴きたくなる曲が、伊藤銀次の「こぬか雨」。
優しげなメロディーとスローなアレンジが、しとしとと降る雨を連想させて、自分にとって、この「雨の季節」には欠かせない1曲。

その「こぬか雨」が収録されているのが、伊藤銀次の1stソロデビュー作「Deadly Drive」。77年リリース作品。
「こぬか雨」は、もともとシュガーベイブのナンバーとして書かれた曲だったらしいけれども、結局シュガーベイブとしてはディスク化することなく終っている。
シュガーベイブのアレンジは、アップテンポでファンキーな物だったと聞くが、どんな雰囲気だったのだろう。

そんな04「こぬか雨」だが、このアルバムでは、静かで優しげなメロディーが、坂本龍一の弾くフェンダー・ローズの音色も相まって、しとしとと心を打つ。
シュガーベイブのファンキーなアレンジでなく、こういうアレンジに変えた所に、伊藤銀次のプロデューサーとしての才能を感じてしまうな。

その他の曲では、爽やかなメロディーが印象的な01「風になれるなら」も、自分のお気に入りの一つ。
大貫妙子のコーラスも、そんな爽やかさに花を添えている。
02「I'm Telling You Now」は、60年代のイギリスのバンド、フレディ&ザ・ドリーマーのカバー。
ゆったりしたレゲエ・アレンジで、原曲のイメージをいい意味で覆して、伊藤銀次のオリジナル・ソングと言えるくらいに昇華させている。
アルバムのタイトル曲03「Deadly Drive」は、村松邦男のギターを全面的にフィーチャーした、ノリの良いインストナンバー。
フュージョンっぽいノリが、心地良い1曲。
08「Hobo's Lullaby」は、アルバムの最後を飾るにふさわしいアーシーなアメリカン・ロックを感じるナンバー。
その他、トーキング・モジュレーターをフィーチャーしたファンキーなナンバー05「KING-KONG」や、なぜかサルサっぽいのノリの06「あの時はどしゃぶり」なども収録。

そして、このアルバム、ゲスト陣が豪華。
元シュガーベイブからは、村松邦男(G)、上原裕(Dr)、大貫妙子(Cho)、そして鈴木茂のハックルバックから田中章弘(B)、他には、坂本龍一はキーボードの他に、ホーンやストリングスのアレンジで参加。
こうやって名前を並べて行くと、ティンパンアレー、ナイアガラに関係したミュージシャンと言うのは、面白いほどに繋がりがあるのだな、と言うことも実感する。

それにしても、こんな名盤が、廃盤状態だと言うのは悲しいな。
と言うか、このアルバムだけでなく、伊藤銀次のアルバムは、軒並み廃盤なのは悲しい出来事。
特に、初期のポリスター時代のアルバム、再発されないかなぁ……。


【収録曲】
01. 風になれるなら
02. I'm Telling You Now(好きなんだ)
03. Deadly Drive
04. こぬか雨
05. KING-KONG
06. あの時はどしゃぶり
07. Sweet Daddy
08. Hobo's Lullaby(ホーボーズ・ララバイ)


posted by あれ at 00:01| Comment(4) | TrackBack(1) | ジャパニーズポップ 70's | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月15日

森高千里「ロマンティック」

森高千里「Romantic」森高千里の88年発表の5曲入りミニアルバム「ロマンティック」。
初期森高の一般的な印象と言うと、突飛な歌詞と奇抜な衣装と言う所かもしれないけれど、このミニアルバムは、夏向けのリゾートポップを展開していて、なかなか心地良い1枚。

タイトル曲である02「Romantic」が、ベストトラック。
ちょっとラテン風味のアレンジと爽やかなメロディーが、なかなかの1曲。
少々雰囲気は異なるけれど、初期の山下達郎や角松敏生に通じるリゾートサウンド、と言う感じだろうか。
さりげなく曲を引っ張る、高水健司の流れるようなベースプレイが心地いい。

01「サンホセの道」は、言わずとしれたバート・バカラックのカバー。
ボサ・リオのバージョンを下敷きにしたバージョンで(というか、そのまんまのアレンジなのだが)、普通にバカラックカバーとして聞くことが出来る。
03「あの日のフォトグラフ(ボサノバヴァージョン)」は、1stアルバム収録曲のリアレンジ・バージョン。
1stアルバムは持ってないので、オリジナルとの比較は出来ないのだけれど、普通にボサノヴァをやってます。
森高のヘタウマ・ボーカルが、アストラッド・ジルベルトに通じる……なんて書くと褒め過ぎかな……。
04「海岸」と05「静かな夏」も、02「Romantic」と同じく夏っぽいリゾートソング。
両方ともメロディーはそこそこいい曲なのだけれど、ちょっとアレンジがお粗末かな。
せめてグルーヴィーなギターの音でも入ってたら、全然違う雰囲気になったんだろうけど。

と、そんな感じのミニアルバムなのですが、02「Romantic」は、かなりイイ。
森高のヘタウマ・ボーカルさえ気にならなければ、シティポップ好きにも受け入れやすいサウンドではないかと。
森高千里って、初期〜中期こそ色物的な印象が強い曲が多いけれど、「TAIYO」以降の後期のアルバム(細野晴臣プロデュースの「今年の夏はモアベター」も含む)は、結構イイ感じの曲が多いので、普通のポップスファンにも、是非聞いて頂きたいものであります。
特にボサ・アレンジの曲は絶品です!


【収録曲】
01. サンホセへの道(Do You Know The Way To San Jose)
02. Romantic
03. あの日のフォトグラフ(ボサノバヴァージョン)
04. 海岸
05. 静かな夏
posted by あれ at 00:54| Comment(2) | TrackBack(0) | ジャパニーズポップ 80's | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月12日

ピチカート・ファイヴ「Bellissima!」

ピチカート・ファイヴ「Bellisima!」初代のボーカリスト、佐々木麻美子が脱退し、オリジナル・ラヴの田島貴男を新たなボーカリストとして迎えて作られたアルバム「Bellissima!」。

今になって改めて聞き直してみると、その音作りや歌詞に、他のピチカートのアルバムには見られない「生真面目さ」を感じる。
そんな雰囲気が、他のアルバムとは違ったエヴァーグリーンな世界を作り出しているのかな、と言う気がしなくもない。
自分としては、信藤三雄のジャケットワークも含めて、ピチカート・ファイヴのアルバムの中では一番好きかな。

何と言っても、01「惑星」〜02「誘惑について」の2曲が自分的にはベストトラック。
田島貴男の書いたこの2曲は、この時期のピチカートでしか見ることの出来ない、メロウでソウルフルな世界観を体感できる。
02「誘惑について」は、「月面軟着陸」のバージョンもなかなか良いが、このオリジナルバージョンは、本当にシビれる1曲。
アーバンなソウル・フレーバー溢れる03「聖三角形」も、ソウルなピチカートを感じることの出来る好ナンバー。
これも田島作曲の曲で、ストリングスがスウィートな雰囲気を盛り上げてくれる。
田島作曲以外で言うと、高浪作曲の07「水泳」は、ブーガルー風のアレンジが、この時代のピチカートならではと言えるかも。
小西作曲の10「神の御業」は、ハープシコードの音色が印象的なバラード。
間奏部分では、ストリングスやコーラスが折り重なって、荘厳な雰囲気を作り上げている1曲。

そして、このアルバムの自分的な "裏" ハイライトは、06「日曜日の印象」。
やさぐれた男の1日を描きながら、イノセンスの喪失をテーマにしているとも受け取れる歌詞は、その後のピチカートからは考えられない曲ではある。
2年ほど前、当時の友人から、歌詞が染みると薦められて聞き直してみたのだけれど、確かにこの歌詞の物悲しい雰囲気には、何とも言えないシンパシーを感じる。
その曲調とともに、歌詞も含めて、なかなか離れられない1曲。

そんな06「日曜日の印象」に顕著だけれど、このアルバムの歌詞は、どうしてここまで喪失感に満ちているのだろうか……。
そういう面も含めて、好きなアルバムではあるのだけれども……。
そう言う反動が、次の「女王陛下のピチカート・ファイヴ」に表れたのだろうか……。


【収録曲】
01. 惑星
02. 誘惑について
03. 聖三角形
04. ワールド・スタンダード
05. カップルズ
06. 日曜日の印象
07. 水泳
08. セヴンティーン
09. これは恋ではない
10. 神の御業
posted by あれ at 01:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャパニーズポップ 80's | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月06日

越美晴「おもちゃ箱 第1幕」

越美晴「おもちゃ箱第1幕」初期のRVC時代のベスト盤のリリースが決定したと言うことで、越美晴の1st「おもちゃ箱 第1幕」をご紹介。
今では、ヨーロピアンで独自な雰囲気を築いている越美晴(コシミハル)だけれども、79年発表の1stアルバムは、坂本龍一や矢野誠、萩田光雄らをアレンジャーに迎えたシティポップ路線。

作詞作曲は、全て越美晴自身だけれど、参加ミュージシャンがかなり豪華。
アレンジを担当した、坂本龍一(Key)、矢野誠(Key)を始めとして、高橋幸宏(Dr)、後藤次利(B)、小原礼(B)、村松邦男(G)、松原正樹(G)、山下達郎(Cho)、吉田美奈子(Cho)
などなど。
サディスティックス、シュガーベイブ、パラシュートなどに在籍した腕利きミュージシャン達が多数参加。
意外な所では、羽田健太郎(Key)なんて人も参加してます。

01「気まぐれハイウェイ」〜02「夢を見させて」の2曲の流れが、個人的にはベスト。
ピアノを中心にして、ポップに展開するアンサンブルが魅力的。
05「恋はファニーフィーリング」は、メロディのポップさはもちろん、山下達郎、吉田美奈子のコーラスがイイ雰囲気です。
坂本龍一がアレンジとキーボードで参加した04「スヌーピー」は、NHKの「みんなのうた」っぽい感じの可愛らしい雰囲気の曲。
同じく坂本アレンジの09「五月の風」も、西海岸風の爽やかなメロディーが印象的なポップソング。
10「不思議な女の子」は、後藤次利のベースがファンキーでカッコイイのだけれど、そういったファンキーなノリが、越のボーカルとは不釣り合いな感じがして、ちょっと残念……。

当時は、女性版原田真二として売り出そうとした向きもあるようで、そう意識して聞いてみると、なるほどな、と言う雰囲気も感じるアルバム。
萩田光雄がアレンジに参加しているせいもあるのか、太田裕美的な路線がちょっと入ってるかな、と言う気はしなくもない。
細野晴臣の片腕として(?)活動している現在からは、なかなか想像できないかもしれませんが。


【収録曲】
01. 気まぐれハイウェイ
02. 夢を見させて
03. ラスト・ドライヴ
04. スヌーピー
05. 恋はファニー・フィーリング
06. ラヴ・ステップ
07. 海辺
08. 行かないでよ
09. 五月の風
10. 不思議な女の子
posted by あれ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャパニーズポップ 70's | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月01日

木村恵子「STYLE」

木村恵子「STYLE」鈴木茂がプロデュースを手がけた木村恵子のデビューアルバム「STYLE」。
ちょっと気怠さ漂うアンニュイなボーカルが、鈴木のアレンジする曲に不思議とマッチしている。
作曲家陣には、木村恵子自身や鈴木茂の他に、杉真理、門あさ美などが参加し、作詞には、松本隆や湯川れい子らの名前が見える。

最初、岡崎友紀の「Do You Remember Me?」のカバーが収録されていると言うので興味を持った1枚。
しかも、アレンジが鈴木茂というのだから、期待は否応無しに高まった。
が、聞いてみた感想は、「意外とフツー………」。
そんな感じで「Do you remember me」には、ちょっと肩すかしを食らった形にはなったのだけれど、アルバムを通して聞いてみると、他の曲の方が圧倒的に良かった。

自分的なベストトラックは、02「泉に誘って」。
木村恵子の気怠いボーカルと、ボサノヴァ・アレンジの相性がとてもいい。
後に元パール兄弟の窪田晴男と、ケルカンと言うボサノヴァユニットを組む木村恵子だけあって、ボサ調の曲のボーカルは、結構ハマってる。

オープニングを飾る01「Good Morning」は、AOR風のシティーポップ・ナンバー。
鈴木茂の弾く、ギターのカッティングが心地いい1曲。
05「水の都」は、非常にロマンティックな曲調なのだが、メロディー以上に、この曲の松本隆の歌詞には、「作詞家」ではなく「詩人」としての才気を感じる。
やはり、木村恵子のアンニュイなボーカルのせいか、静かな曲の方がハマってるかな、と言う印象。

あと、木村恵子と言うと、永作博美の2ndアルバムで「恋と微笑みと花」と言う、ボッサな曲を書いている。
あまり知られていない曲だとは思うけれど、なかなかの名曲なので聞く機会がある人には、聴いてもらいたい1曲。
永作博美と言うと、今やすっかり女優になってしまったけど、シンガーとしても結構いい作品を残してるのですよ。

この「STYLE」というアルバム、「名盤!」と太鼓判を押す雰囲気ではないけれど、飽きがこないアルバムのような気がする。
「Lagoon」〜「Caution!」辺りのメロウな鈴木茂ワールドが好きな人なら、恐らく気持ちよく聞けるのではないかな、と思う1枚。
シティポップ好きには、01「Good Morning」〜02「泉に誘って」と言う冒頭2曲だけでも聞いてもらいたい。


【収録曲】
01. Good Morning
02. 泉に誘って
03. 電話しないで
04. シンジラレネーション
05. 水の都
06. コルトレーンで愛して
07. Do you remember me
08. 黒いマニキュア
09. Good-bye Eggman
10. シャレード'88
posted by あれ at 02:18| Comment(2) | TrackBack(0) | ジャパニーズポップ 80's | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。