2006年05月19日

ザ・シャムロック「five - 僕がいた夏」

ザ・シャムロック「five-ぼくがいた夏」高橋一路と山森正之の二人によるユニット、ザ・シャムロック。
彼らが、ポニーキャニオンに残した最後のシングルが、この「five-僕がいた夏」。
シングルでしかリリースされていない楽曲だけれど、自分の中ではかなりのキラーチューン。

このシングルは、タイトルチューンである「five-僕がいた夏」が、本当に素晴らしい。
フルートをフィーチャーしたイントロ、ポップで爽やかなメロディー、軽やかにドライヴするベースライン、何度聞いても飽きがこない、初期シャムロックの集大成と言える1曲。
このシングルをリリース後、EPIC ソニーに移籍し、アシッド・ジャズ的なナンバーを連発する彼らだけれど、そう言う雰囲気を漂わせながらも、シティポップ風の軽やかな曲に仕上げている点にも好感が持てる。
移籍後は、その音楽のスタイルから、スタイル・カウンシルを引き合いに出されることが多かったけれど、言われてみれば、この「five-僕がいた夏」と言う曲も、「My Ever Changing Moods」や「A Solid Bond In Your Heart」などのスタカンのポップサイドに通じるものがある。

カップリングは、吉田美奈子が作詞を手がけた「微笑みの瞬間」。
ボーカルをとった、ジェフ(山森の愛称)らしい、ちょっとノスタルジーを感じさせてくれるポップソング。
シャムロック解散後に、バブルガムポップバンド、オレンジズを結成するジェフならでは、と言ってもいい出来映え。

このシングルリリース後、レコード会社を移籍し、2枚のアルバムを残して解散してしまう彼らだが、この対照的な雰囲気の2曲を聴くと、それも納得する。
高橋が、ジャズやソウルの要素を取り入れたシークレット・クルーズを立ち上げ、山森が、バブルガムポップや70年代の歌謡曲を取り入れたオレンジズを結成するのも、必然だったのだろう。

それにしても、「five」がシングルのみのリリースというのは、かなり残念。
自分も、中古盤屋を長年探し歩いてようやく手に入れられたものだったし(アルバムは比較的よく見かけるのだけど)。
ポニーキャニオン&EPICソニーのシングルだけを集めたベスト盤とかリリースされたりしないかなぁ……してくれたら最高なんだけれど。
こんないい曲を埋もれさせておく手はないと思うけどなぁ………。


【収録曲】
01. five - 僕がいた夏
02. 微笑みの瞬間
posted by あれ at 00:01| Comment(3) | TrackBack(0) | ジャパニーズポップ 90's | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。