2006年05月18日

飯島真理「For Lovers Only」

飯島真理「For Lovers Only」飯島真理、90年発表の5曲入りミニアルバム「For Lovers Only」。
カバー4曲とオリジナル1曲で構成されたミニアルバムで、普通にAORのアルバムとして聞いても全く問題ない、メロウな雰囲気に満ちたアルバムです。
ジャケットにも本人の写真が使われてないし、全編英語で唄われているアルバムなので、パッと聞いただけでは、洋楽に感じるかも?
プロデュースは、ジェームス・スチューダーと飯島真理との共同プロデュース。

最初、トッド・ラングレンの「Can We Still Be Friends」のカバーが収録されてると言う事で、興味を持ったのだけれど、期待した以上にアルバムの出来自体が良かった。
自分の中では、ポップな楽曲の印象が強かった飯島真理の印象を、少なからず変えたアルバム。

オープニングを飾るのは、ペイジズのカバー01「Who's Right, Who's Wrong」。
オリジナルを聞いた事ないのに、こういう事を書くのは何ですが、この曲が自分的にはベストトラックかな。L.A.発のAORと言う雰囲気がいい。
メロディーはもちろん、ギターのフレーズ、フェンダー・ローズの音色、どれを取ってもアーバンでメロウな雰囲気を作り出していて、単純に聞いてて気持ちいい曲。

唯一のオリジナルである04「I Can Never Say Good-Bye」も、なかなかの出来。
メロウな楽曲、という点では、このアルバムの中では01に続いてかなりイイ雰囲気。

02「The Thing We Do For Love」は、オリジナルがちょっと前にCMでも使われていた10ccのカバー。
オリジナルの雰囲気を忠実に守りつつも、女性ボーカルになっている事で、印象が柔らかくなったかな。
トッド・ラングレンのカバー、03「Can We Still Be Friends」は、やっぱりトッド好きな自分にとっては、オリジナル方がいいかな……。
かと言って、出来が悪い訳ではなく、比較的オーソドックスにカバーしてる部分も好感が持てる曲。

ただ、アルバムラストのビートルズのカバー、05「Hold Me Tight」は、どうなんだろう……。
悪くないけど、前4曲のメロウな流れを壊してる感じはしなくもない1曲。
ビートルズなら「Good Night」や「Blackbird」あたりをAOR風にカバーした方が雰囲気的には良かったんじゃないかな、なんて思ったり……。
このアルバムに入ってなければ、ポップでイイ感じのカバーではあるんだろうけど。

とは言っても、01「Who's Right, Who's Wrong」04「I Can Never Say Good-Bye」の2曲だけでも、このアルバムは二重丸。
そういうワケでも、メロウな音楽が好きな人には、たまらないアルバムであると思います。


【収録曲】
01. Who's Right, Who's Wrong
02. The Things We Do For Love
03. Can We Still Be Friends
04. I Can Never Say Good-Bye
05. Hold Me Tight
posted by あれ at 00:03| Comment(2) | TrackBack(0) | ジャパニーズポップ 90's | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。