2006年05月17日

松任谷正隆「夜の旅人」

松任谷正隆「夜の旅人」松任谷正隆が77年に発表したソロアルバム「夜の旅人」。
全ての曲が、作詞・松任谷由実、作曲/編曲・松任谷正隆によるもので、ボーカルを努めるのは、松任谷自身。
細野晴臣、鈴木茂、林立夫らのティンパンアレーを中心にバックを固め、キーボードは当然、松任谷本人。

このアルバムに興味を持ったきっかけは、ティンパンアレーの1stアルバム「キャラメル・ママ」に収録されていた「月にてらされて」と言う曲。
この曲でボーカルを取っている松任谷が、決して上手ではないのだけれど、なんとも言えない、いい味を出していて、かなり好きな曲になり、その他のボーカル曲も聴いてみたい、と思ったのが最初のきっかけ。

そんなアルバムでありますが、粒ぞろいの曲が全部で9曲。
このアルバムの中で、屈指のポップチューンと言えるのが、08「Hong Kong Night Sight」。
ポップなメロディーが良いのはもちろんですが、ハネるリズムが軽快で心地良い(このベースは細野さんなのかな?)。
後にユーミンが「水の中のASIAへ」でカバーするけれど、個人的にはユーミンのバージョンよりも、こちらの方が断然好き。
正直、ユーミンよりも、正隆のボーカルの方が、この曲にハマってると思います。

シティポップという視点で語るなら、06「気づいたときは遅いもの」は、松任谷なりのAORという雰囲気を感じる1曲。
他にも、オープニングの01「沈黙の時間」は、ストリングスとブラスがゴージャスな雰囲気をちりばめる、爽やかなポップソング。

そう言うポップな曲とともに、静かめな曲も、もちろん魅力がある。
個人的には、アルバムのタイトルチューンである09「夜の旅人」が、一番好きな曲。
マイケル・フランクス風とも言えるシンプルなサウンドに、朴訥に歌う松任谷の歌が味わい深い。
それから、ユーミンの書いた歌詞も、この曲を更に深いものしているように思う。
他にも、大貫妙子とのデュエット02「荒涼」、かまやつひろしに提供した曲のセルフカバー04「霜の降りた朝」なども、聞き所。

ポップな曲も、静かな曲も、どれも松任谷の声質に合っているので、じっくりと聞き込んでも飽きがこない1枚。
やはりユーミンのプロデューサーだけあって、自分の声の特製をうまく掴んで、それに似合う曲を歌ったんだろうな、と言う事も想像がつきます。
「シンガー・松任谷正隆」を気に入っただけかと思っていたら、思わぬ所で「プロデューサー・松任谷正隆」の手腕も知る事になった、という感じでしょうか。
まぁ、そう言う能書きは抜きにして、良いアルバムだと思います。

ちなみに、ジャケットのイラストは、ユーミンの作。僕はなかなか好きな感じの絵です。


【収録曲】
01. 沈黙の時間
02. 荒涼
03. 煙草を消して
04. 霜の降りた朝
05. もう二度と
06. 気づいた時には遅いもの
07. 乗り遅れた男
08. Hong Kong Night Sight
09. 夜の旅人
posted by あれ at 01:16| Comment(4) | TrackBack(0) | ジャパニーズポップ 70's | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。